夏本番に向けパソコンの熱対策をしよう

パソコンは夏の暑さや梅雨の湿気に弱い電化製品の一つで、突然電源が切れたり、再起動を繰り返す場合があります。

これらはマザーボード側で大抵CPUの温度は~度まで上がったら切るといった設定が組み込まれています。

また湿気が多い時期には電源すら入らないこともあります。

今回は初心者からでも簡単にできるパソコンの熱対策のご紹介です。

スポンサーリンク

初心者からできる熱対策(デスクトップ)

  • クーラーで室内の温度を下げる。
    これが1番効果が見込めると思います。扇風機では室内温度を下げることが難しいので、素直にクーラーで室内温度を下げることです。
  • 吸気口/排気口に物や壁がないか確認する。
    デスクトップ本体には吸気口、排気口があり、排気口を塞ぐかたちで本/書類/壁があると上手く排気できずPC内の熱上昇につながります。吸気口は前面、側面、下部に穴(パンチング)が開いているのが多いです。排気口の場所はケースによって異なりますが、背面に排気用のファンや穴が開いています。
  • PC本体の掃除。
    初心者でも比較的簡単な作業で行えるパソコンの熱対策です。
    PCケース背面のネジを外し、側面ケースを開ける(引く、押す)構造が一般的です。ケースを開けたら、ホコリをエアーダスターで吹き飛ばします。
    ファンについたホコリはエアーダスターでは飛ばせないほど頑固な場合は多く、その場合は軽くティッシュで拭き取り、エアーダスターで飛ばします。ヒートシンクなどにホコリが詰まっている場合は初心者は無理せず触らない方がいいです。
    PC内のホコリを除去するだけで、空気の流れが改善され温度低下が見込めます。

この3つの対策だけで熱暴走によるシャットダウンや再起動といった症状の確立がだいぶ減ると思います。

中級者からできる熱対策(デスクトップ)

  • CPUファン/ヒートシンクの掃除
    CPUファン/ヒートシンクを取り外し、詰まったホコリなどを掃除します。エアーダスターや綿棒などを使うのが一般的です。
  • CPUグリスの塗替え
    古くなったCPUグリスは固形化したりします。CPUグリスを塗替え熱伝導率を上げることでCPU温度上昇を下げることができます。
    CPUとCPUクーラーに付いた古くなったグリスをしっかりウェットティッシュなどで拭き取り、新しいグリスをCPU側に塗ります。
    Amazonで1位になっているCPUグリスですが、細かくいうとグリスにも種類があるので、レビュー記事なども参考にすると自分にあったCPUグリスが見つかると思います。

    CPU-Zなどで、グリス塗る前と塗ったあとの温度を見比べると一気に10℃以上下がることもありますよ。
  • 水冷CPUクーラー
    空冷よりもCPU温度低下が見込めるのが水冷によるCPUクーラーです。
    メリットは他デバイスと干渉しにくく空冷よりCPUの温度低下が見込める。
    デメリットは水漏れ、冷却液の補充などが考えられます。

初心者からできる熱対策(ノートPC)

ノートPCは構造上初心者では掃除がしにくく、近年の薄型だとさらに難易度は上がります。

となるとノートPCでの熱対策は本体下部などにファンの付いた冷却パッド(板)を敷いたりするのが最も簡単な方法だと思いますが、正直劇的にPC内の温度低下は見込めないものの、夏場に使うのは大いに有りだと思います。

冷却パッドがなくても少し底部分を浮かした状態にするだけでも多少、底表面温度の低下が計れるので効果す少なからずあるかも。

まとめ

夏本番に向け、一番効果が見込める熱対策はやはりクーラーの効いた環境での使用と合わせ、少し掃除するだけで、大きく熱暴走のリスクを減らすことができます。

熱対策をしても落ちる場合は別の原因があると思います。

電源ユニットなどコンデンサーの壊れかけによっても一定温度まで上昇すると急に電源が落ちる場合もあります。

『パソコンが落ちる場合の原因』

スポンサーリンク

シェアする

フォローする