外付けHDDを付けるとPCが起動しない場合の対処方法

外付けHDDをPCに接続した状態で電源を入れるとPCが起動しない場合があります。

これは主にPCが起動してWindowsまでいく中での順番(ブート)にある可能性があります。

今回は電源を入れてからWindows起動まで行く順番の変更方法を紹介です。

スポンサーリンク

外付けHDDを付けるとPCが起動しない場合

BIOSのブートを確認する

PCの電源を入れ『Deleteキーを連打』してBIOSを起動します。

セッティングなどからブートを探します。

ここで出てきたBoot Option #1~#13までがPC電源を入れてから読み込んで行く順番になります。

この画像を見ると#1(1番目)がUEFI Hard Diskになっています。

それでWindowsが入っているHDDはと言うと、#9(9番目)になっています。

問題はUSB HDDが#7(7番目)とWindowsが読み込まれる前に設定されています。これが原因でWindowsが読み込まれる前にMBRが無い外付けHDDを読み込みに行ってしまい、Windowsまで辿りつけないで、結果Windowsが起動しない!となります。

ではUSB HDDよりWindowsが入っているHDDを先に設定してあげれば、大半は解決すると思います。

Boot Option #1をクリックしWindowsが入っているHDDを選択します。

これで1番初めに読み込みされるのがWindowsが入っているHDDに変更されました。

後はF10で変更した設定を保存し、外付けHDDを接続した状態でWindowsが正常起動するか確認します。

以上で操作は完了です。

※BIOSの画面は仕様によって異なる場合が多いにあります。

ブートを変更しても起動しない場合

取り合えず簡単に出来そうなのから。

USBポートを変更する

PCに接続しているUSBポート(差込口)を変更する。

Aout/Manualスイッチが有る場合

外付けHDDにAout/Manual場合はManualに切り替えることでWindows起動に影響を受けない場合があります。

外付けHDDの電源を切りManualに変更後、外付けHDDの電源を入れPCに接続しWindowsの起動を掛けます。

レガシーUSBを無効にする

BIOSを起動しUSB設定などにある『Legacy USB』が有効になっていれば、無効(Disable)にします。

※注意:無効(Disable)にするとBIOS上でもUSBキーボード/マウスの操作が出来なくなります。
Windows起動までキーボードとマウスの操作が出来なくなります。
PS/2接続(丸い端子)のキーボード/マウスであれば影響は受けません。


BIOSをアップデートする

BIOSのアップデートを行う。

まとめ

Windows起動してから外付けHDDを接続すると認識して使えるのに、接続したままWindows起動掛けると起動しない、こんな場合はまずBIOSを開きブートを確認します。

今回紹介した対処でも、やっぱり起動しない場合はメーカーに問い合わせするのが1番です。

少なからずメーカーとの相性的なのがあるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする