Edgeで4k動画が選択できない場合の設定

最近youtubeで4k動画が増えてきていますが、Edgeで4k動画を見るには少しEdgeの設定を変更する必要があります。

今回はEdgeで4k動画が選択できるようにする設定と4kを再生するにあたってデバイス面での環境を紹介します。

スポンサーリンク

Edgeで4kが選択できるようにする設定

4k動画を見たいがyoutubeの画質設定が2k(1440p)までしかない場合はEdgeの設定を変えることで4k選択が可能になります。

  1. Edgeを起動しURL欄に『about:flags』と入力します。
  2. ページやや下部にある『Media source extensions』内のVP9 ビデオ形式を有効にするを自動から『常にオン』に変更します。

  3. Edgeを再起動し、4k設定が出来るか確認します。

以上で操作は完了です。

4k再生に必要な条件

4k 60pで再生させたい場合はモニターとPCが4kに対応していないと”本当”の4kを楽しむことはできません。

PC

  • DisplayPort 1.2以上
  • HDMI 2.0以上
  • CPU
    古い世代のCPU(第一世代とか)だと処理が追い付かない場合がある為、世代が新しい(第六世代)くらいあった方が良い。セレロンは除外。

オンボードでの4k出力は可能な物もあるが、60pで安定動作するにはグラフィックスカードが必要。ただしCPUが近年の仕様の場合はグラボも必要なく4k動画再生できます。

もちろんまだ安いグラボでも対応しているのは沢山あります。
注意するところはDisplayPort 1.2以上またはHDMI 2.0以上が付いているかです。

モニター/ディスプレイ

モニターも4kに対応している必要があります。

上記と同じ

  • DisplayPort 1.2以上
  • HDMI 2.0以上

がついた4k(3840×2160)対応のモニターが必要です。

まとめ

本当の4k動画を再生するには、それなりのスペックや環境が必要です。

個人的には4kに対応していないモニターで4kを再生しても十分綺麗だなーっと思うんですけどね。

ただ私のPCではCPUがボトルネックになり、時よりカクつきます。

7世代i5のオンボード環境で4k動画再生した方が滑らかな再生が可能でCPU使用率も15%前後、CPUは大事だなっと感じました。

そのi5で使用したマザーボードのレビュー記事、興味あればどうぞ。
「ASUS ROG STRIX B250I GAMING」 自作PC用Mini-ITXマザーボードのレビュー!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする