Fall Creators Updateのインストールを延期する方法

Windows 10 Fall Creators Updateの適用によって不具合が出る可能性があると感じる方は、別に急いでアップデートを適用しなくてもいい!と、考えると思います。

今回は以前紹介したマイクロソフトの『停止ツール』が使用できます。
停止ツールを使用すればダウンロードした状態で、インストール前の段階であればWindows 10 Fall Creators Updateを延期することが可能です。

スポンサーリンク

Fall Creators Updateのインストールを延期する方法

下記で紹介しているマイクロソフトの停止ツールの記事を参照下さい。

●:更新プログラムの名称は「Windows 10、バージョン 1709 の機能更新プログラム」

『Windowsの特定の更新プログラムをインストールしないようにする方法』

Microsoft  TechNet:Windows 10: 問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツールの紹介

注意点

●:大型アップデートを停止すると今後の WindowsUpdate がインストールされる際に影響が出る可能性がある。

●:マイクロソフトでは、停止後の動作検証確認も行っておりませんので、今後動作に関しても影響が出てくる可能性があります。

●:停止ツールを利用しても、配信される場合もあるので、Windows Update画面の状況を常に確認が必要。

インストールを停止することで予期せぬ不具合が出る可能性もあるようです。

Fall Creators Updateのインストールしたくなったら

例えば、停止ツールを使用してインストールの停止設定し、その後月日が流れ(数か月)動作も安定しているようだし、そろそろインストールするか!ってことで停止ツールで解除するよりも、Media Creation Toolで最新版を使用した方がいいです。

何故なら『停止したUpdateは”昔の”であって』修正前のファイルです。

最新版:https://www.microsoft.com/ja-JP/software-download/windows10

まとめ

Windowsの大型アップデートは毎回なんらかの不具合が出る可能性あります。

メーカーPCを使用している際はインストール前にメーカーサイトを参照していた方がよさそうです。

ぱっと思いついたメーカー、それ以外のメーカーは自分で探してね。

尚、停止ツールで表示されるのはダウンロードされたプログラムで、ダウンロード前の状態だと表示されません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 中村 克己 より:

    WIN10 1709 機能更新アップデートについてご指導ください。
    1月16日より毎日ダウンロード→インストールが繰り返されます。長い時は6~7時間もかかっております。その間作業性は少し落ちますが、それ以外は我慢できる範囲です。
    PCの安全性を維持するための機能と3Dなど新しい技術レベルは分離してアップデート出来ないのでしょうか?個人のPCを勝手に処理することには問題はないのでしょうか?(なんの問題も発生していないのであれば良いのですが)
    せめてアップデート前にその内容及び新技術について選択することは無理なのでしょうか?

    • Admin_ST より:

      こんにちは、Windows Updateは大きく分けて2種類あり、俗に言う大型updateと月に1~2回の水曜日にある定期updateがあると思います。
      大型updateの内容を個別に選択しインストールすることは無理だと思います。ですが、私も実際に個別にインストールができるか試したわけではありません。明確な回答を得るにはマイクロソフト社へ尋ねるのが良いと思います。
      毎日Windows Updateがインストールしている状況は少し不自然に感じます、Windows Updateのインストールが失敗している可能性もあると思います。
      いづれにしても、チャットか電話でマイクロソフト社に尋ねてみるのがいいよ思います。
      マイクロソフト社から必ず聞かれるのはOSのバージョンです。ここを参考にして下さい。https://pcrepair.w-pickup.com/post-1719/
      マイクロソフト社問い合わせ先:https://support.microsoft.com/ja-jp/contactus/windows/tech-services/
      お役に立てず申し訳ありません。

      • 中村 克己 より:

        ご連絡が遅くなり申し訳ございません。
         ご指摘の通り「インストール」に失敗の連続です。1月16日の時点からを再確認したところ、機能更新プログラムのインストール時に「エラー0x80070714」が発生しているようです。
         1月28日、「Windows10 Update Assistant」を利用しアップデートを実行するも、やはりインストール失敗となった後、「トラブルシューティング」を実行し次の各項目に「解決済」とのメッセージが確認出来ました。
        ① サービス登録が見つからないか確認 → 解決済
        ② WINアップデートをデータベースエラー発生の可能性 → 解決済
        ③ WINアップデートコンポーネント修復の必要 →解決済
        ④ 保留中の更新プログラムの確認 → 解決済  以上の4件です。

         1月28日夕方、「Microsoft SQL サーバー」をPCより削除しました。
         1月29日午前6時PC起動後より、WIN10 1709 機能更新プログラムのダウンロードに続きインストールの準備が進み、進捗63%(午前9時現在)まで来ております。
        さて29日の結果は如何なるものになるのか様子をみます。
         過去と同じような結果をたどるなら、マイクロソフト社に指導を仰ぎます。

         小生72歳でして時間だけはたっぷりあるので、この問題にとことん付き合っていこうと考えております。
         Admin_ST 様、お気づきの点等ございましたら、ご指導ください。