年末に向けてPCの掃除に便利なアイテム

PCの掃除はしなきゃと思いつつ、中々掃除してない人は多いと思います。

年末の大掃除のついでにPCも掃除してみてはいかがでしょう。

今回はデスクトップPC向けではありますが、PC掃除するにあたって便利なアイテムの紹介です。

スポンサーリンク

PCデスクトップを掃除する

まずはPC本体を掃除する方法です。
ケーブル類を全て外し、ケースを開けます。
ケース裏面のネジや引掛けでロックが掛かってるタイプがあります。
詳しくは説明書を確認して下さい。

マザーボードやCPUファンを外さない程度の掃除方法になります。
マザーボードやメモリ、グラフィックスカード等を外すと、細かな部分まで掃除は可能ですが、手間もかかります。また、素手で触るのは避けた方がいいです。静電気対策が必要になります。

エアーダスター/エアースプレー

ケースを開けたら、ホコリなどが目視で確認できると思います。
このホコリをエアーダスターで取ります。

ホコリが溜まりやすい場所はCPUファン、フロントファン、リアファン、CPUヒートシンク、使っていないスロット部分などです。

エアーダスターは常備しておくとPC以外でも多くの電化製品で使用出来るので、2~3本セットのを揃えておくと非常に重宝します。

目視出来るホコリを掃除するだけで、エアーフロー’向上が見込めます。

クリーニングブラシ

エアーダスターで取りきらないホコリはクリーニングブラシがあると簡単にホコリを浮かせることが出来、細かいホコリは再度エアーダスターで飛ばします。

ホコリを取り除くことで、空気の流れも良くなります。

ファンやヒートシンクの頑固なホコリや汚れが取れない場合は必要に応じて取り外します。
ファンくらいは外し掃除していいかもしれません、喫煙者のPCはヤニとホコリの合体で頑固な汚れが付きエアーダスターで掃除するのも限界があります。

その場合は水で濡らした雑巾をよく絞り、ファンの部分のホコリ/汚れをふき取ってください。

上級者向けCPUヒートシンク/グリス

リスクを理解した上級者向けの掃除になります。

ヒートシンクを取り外し、綿棒/ブラシ/エアーダスターで掃除します。

CPUのヒートシンクの掃除は雑巾でも厄介だと思います。直接水洗いが必要な場合があります。水荒いした場合は完全に乾燥させる必要があります。もちろん自己責任になります。

場合によってはCPUクーラーの買い替えも視野に入れる。
どうしても、汚れが気になってしょうがないならCPUファンを買い替えるのも選択肢としてありです。

ヒートシンクを綺麗に掃除したら、ついでにCPUグリスも塗り替えます。
何年もグリスを交換していない場合は、塗り替えることでCPUの温度低下が見込めます。

上級者/電源ユニット

電源ユニットを取り外し、カバーを外し、エアーダスターとブラシでホコリを掃除します。

上級者/ノートPC

ノートPCはデスクトップのようにケースを簡単に取り外すことが出来ない為、上級者向けとなります。

ケースの取り外しが出来たら、エアーダスター/ブラシ/綿棒でホコリを掃除します。

モニター/ディスプレイの掃除

モニター/ディスプレは余り強い力で拭かず、数回に分けて汚れを拭き取ります。

キーボード/マウスの掃除

エアーダスター/ブラシで目視出来るホコリを取り除きます。

ウェットティッシュなどで手垢を拭き取ります。

分解が可能なキーボードの場合はより綺麗に掃除できると思います。

マウスもウェットティッシュで拭き取るだけで十分綺麗になります。
必要に応じてマウスも分解すると思わぬところに手垢が詰まっていたりします。

綿棒などで気持ちよいくらい手垢が取れます。

まとめ

PCを掃除しなきゃと思いつつ中々出来ない方も多いと思います。

エアーダスターでホコリを掃除するだけでも、十分効果はあります。

年末の大掃除と一緒にPCも掃除してあげて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする