リモートソフトの『TeamViewer』に乗っ取り可能な脆弱性

無料から使えるPCを遠隔操作が出来るリモートソフトは沢山ありますが、ここ数年は私もTeamViewer(チームビューア)を使用しています。

日本語表記で操作も直間的に行えるところが気に入っています。

そんな、TeamViewerに攻撃者が他のPCを操作(制御)出来る脆弱性が見つかり、修正版の最新バージョンへアップデートが推奨されています。

スポンサーリンク

最新バージョンへアップグレード

脆弱性の問題を解決するには最新バージョンへアップグレードが推奨されています。

既にTeamViewerをインストールしている方はTeamViewerアプリを起動して『↓』のボタンをクリックし最新バージョンへアップグレードします。

修正されたバージョン

Windows版

TeamViewer 13: 13.0.5640
TeamViewer 12: 12.0.89970
TeamViewer 11: 11.0.89975

MAC版

TeamViewer 13: 13.0.5640
TeamViewer 12: 12.0.89970
TeamViewer 11: 11.0.89975

私の環境では2つのバージョンを選べる状態でした。現在のバージョンが12.0~と12から始まっていたので、12.0.889.70を選択しました。

おそらくどちらを選んでも大丈夫だと思います。12と13だと13の方がより最新バージョン扱いだと思います。

バージョンを選択するとTeamViewerが自動で再起動しアップグレードしてくれます。

バージョンの確認は『ヘルプ』から行えます。

まとめ

簡単に乗っ取りは出来ないような脆弱性のようですが、知識がある人間からしたら乗っ取りも可能なんでしょう。

取り合えず、自分のPCのセキュリティの甘い部分が分かっていて、それがアップグレードで改善されるなら、特別な理由がない限り修正版をアップグレードしておいた方がよいと思います。

引用:ZDNet(TeamViewer issues emergency fix for desktop access vulnerability)

reddit.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする