IMEが無効になり日本語入力できなくなった場合

突然、IMEが無効になってしまい、日本語入力が出来なくなった場合の対処方法はいくつかありますが、

今回は、windowsのスタートアップにテキストサービス(ctfmon)を登録し、消えたIME言語バーを復活させ日本語入力が出来るようにします。

操作はWindows10で行います。

スポンサーリンク

ctfmonのショートカットを作成する

●:タスクバーにある検索ボックス内に『ctfmon』を入力します。

●:『ctfmon』を右クリックし『ファイルの場所を開く』をクリックします。
ime_ctfmon01
直接探す場合
32bit
C:\Windows\System32から

64bit
C:\Windows\SysWOW64から

●:『ctfmon』を右クリックし、『ショートカット作成』をクリックします。
このフォルダー内にショートカットを作成することが出来ないので、デスクトップ上にショートカットを作成します。
ime_ctfmon02

スタートアップフォルダに登録する

スタートアップフォルダの場所は以下の通りです。

▼:C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startupのパスで開きます。
※ユーザー名にはご自身のユーザー名を入力します。[ ]は省きます。
ime_ctfmon03

▼:エクスップローラーから辿っていく場合は以下の通りです。
C → ユーザー → [ユーザー名] → AppData → Roaming → Microsoft → Windows → スタート メニュー → プログラム → スタートアップ
※通常AppDataは隠しフォルダになっているので、表示タブから隠しファイルにチェックを入れる必要があります。
ime_ctfmon04

●:デスクトップ上に作成した『ctfmonのショートカットをスタートアップフォルダに移動します』ドラッグ&ドロップでもOK
ime_ctfmon05

以上で『ctfmon.exe』はスタートアップに登録され、操作は完了です。

PCを再起動し、日本語入力が出来るかを確認して下さい。

その他の対処方法
windows7、8.1でIMEが無効になった場合の対処方法

IMEが無効になった場合AeLookupSvcを停止してみる。

まとめ

『ctfmon.exe』をスタートアップに登録する。

やはり日本語入力が出来なくなると、非常に困りますよね。

今回はテキストサービスをスタートアップに登録することでIMEバーを表示させ日本語入力が出来るようにする方法でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする