2019年 人気ゲーミングキーボードのオススメ5選!ゲーミングキーボードの特長も解説!

最近ではeスポーツに代表されるように、パソコンでゲームをするのに特化したゲーミングPCの人気も高くなり、また、そのゲーミング用の周辺機器も多種に渡り販売されるようになりました。

多くの種類のゲーミング周辺機器の中でも、マウスやキーボードのゲーミング用はさらに多くの種類が販売され、特にゲーミングPC初心者の方にとってはどのマウスやキーボードを選択したら良いのか頭を悩ませるのでは。

そこで、2019年人気のゲーミングキーボード5選を紹介します。また、ゲーミングキーボードの特長も一緒に解説します。少しでも、ゲーミングキーボード選択の参考になれば。

スポンサーリンク

ゲーミングキーボードの特長

ゲーミングキーボードと普通のキーボードとの違い

ゲーミングキーボードとは、PCゲームを快適にプレイする目的で作られたキーボードで、普通のキーボードとの違いは、「キーを押したときの打鍵感がよい」「長時間使い続けても疲れにくい」「キーの複数同時押しが出来る」などが特長です。

普通のキーボードは、一度に3つ以上のキーを押すと反応しなくなる事がありますが、ゲーミングキーボードはこのような複数キーの同時押しにも対応しており、PCゲームの種類によっては有利にプレイ出来るようになります。

また、キーボード上のキーの組み合わせを自由に割り当てられるマクロ機能のが備わっている事が多く、PCゲームをする上ではこのマクロ機能がある事で便利さが格段に変わってきます。

どちらの機能も、PCゲームを快適に楽しむためには必要不可欠な機能なので、ゲーミングキーボードを選ぶさいには絶対にチェックすべきポイントです。

キータイプの違い

ゲーミングキーボードに使われるキータイプは、「メンブレン方式」「メカニカル方式」、そして、「静電容量無接点方式」の3種類があります。

メンブレン方式

シンプルな構造のキータイプで、普通のキーボードにも多く使われています。

単純構造となっているので、このキータイプを採用しているキーボードの価格は比較的リーズナブルですが、タイピング時の打鍵感や爽快感はメカニカル方式に比べ若干劣るため、ゲーミングキーボードでコスパを重視する場合にオススメのキータイプです。

メカニカル方式

キーの内側に特殊なスイッチやバネを使用していて、キータイピング時の良好な打鍵感や爽快感が特長です。
高価な価格のゲーミングキーボードの多くは、このメカニカル方式を採用しているので、ゲーミングキーボードの機能性を重視する方にオススメのキータイプです。

静電容量無接点方式

キーに物理的な接点がないので長時間使用してもスムーズで、使う人に合わせて細かくキーの重さを調整出来るのも特長です。
しかし、価格は「メンブレン方式」や「メカニカル方式」よりも高価で、ゲーミングキーボードの選択肢が非常に少ないキータイプです。

人気ゲーミングキーボードのオススメ5選を紹介

エレコム製“DUX”MMOゲーミングキーボードTK-DUX30BK(初心者向け)

エレコム/“DUX”MMOゲーミングキーボードTK-DUX30BKのレビュー

対象 ゲーミングキーボード初心者向け
キータイプ メンブレン
キー配列 日本語108キー+プロファイルキー5個
キーピッチ 19.0mm
キーストローク 4.0mm
キーロールオーバー 最大12キーまで同時押し可能
サイズ 幅446.2mm×奥行141.1mm×高さ35.6mm(スタンド時53.5mm)
重量 約667g
バックライト なし

ゲーミングキーボードを初めて使うの人向けに最適なのが、エレコム製の”DUX”MMOゲーミングキーボードTK-DUX30BKです。
値段は安いですが、専用キーのプロファイルキーが5個あり、全てのキーに同時押しや連射マクロなどのお好みの機能を割り当てる事が可能です。

キーの設定内容をキーボード本体に保存出来る、オンボードメモリを搭載しており、ユーティリティをインストールしていない別のパソコンでも、そのままの設定でキーボードを使用可能です。

エレコムが販売する、MMO向けのゲーミングキーボードTK-DUX30BKを購入してみました。 ここ数年、MMORPGはプレイしていませんが...

このゲーミングキーボードの新モデルも販売されています。

NPET ゲーミングキーボード 日本語配列 G11(初心者向け)

NPET ゲーミングキーボード G11

対象 ゲーミングキーボード初心者向け
キータイプ メンブレン
キー配列 日本語89キー
キーピッチ
キーストローク
キーロールオーバー 最大19キーまで同時押し可能
サイズ 幅372mm×奥行151mm×高さ30mm
重量 約989g
バックライト 7色LED

キーボード本体に重量があり、テンキー部の無いコンパクト設計のゲーミングキーボードです。
値段が安いゲーミングキーボードですが、この値段でバックライトが搭載されており、最大19キーまで同時押しが可能です。

耐水性のあるキーボードになっており、飲み物をキーボードにこぼしても、裏面の排水口から排水されるようになっています。

日本語配列のキーボードですが、無変換キーが無いので、その点は注意した方がいいです。
ただし、この値段でバックライトを搭載したゲーミングキーボードとしては、非常にコスパが高いので、初めてゲーミングキーボードを使用する方に向いています

ロジクール ゲーミングキーボード G213(初心者向け)

ロジクール ゲーミングキーボード G213

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥6,924 (2019/11/21 22:27:00時点 Amazon調べ-詳細)
対象 ゲーミングキーボード初心者向け
キータイプ メンブレン
キー配列 日本語108キー
キーピッチ 19mm
キーストローク 2.8mm
キーロールオーバー 最大10キーまで同時押し可能
サイズ 幅452mm×奥行218mm×高さ33mm
重量 約1,100g
バックライト RGBライティング

高級モデルのゲーミングキーボードと比べると機能は絞られていますが、マクロ機能や最大10キーまでの同時押しに対応しており、ゲーミングキーボードとしての機能は一通り備えています。

キータイプがメンブレン式のゲーミングキーボードとしてはやや高めな値段ですが、マクロ機能を備えたゲーミングキーボード入門としては非常に優秀なゲーミングキーボードです。
耐水性にも優れていて、

ポーリングレートは1000Hzで、普通のキーボードと比べるとレスポンスタイムが1msになるため、素早いキー入力が出来るようになっています。

人気のゲーミングキーボードで、販売数的には今現在一番売れており、初めてゲーミングキーボードを使用する方に向いています

ロジクール ゲーミングキーボード PRO G-PKB-001

ゲーミングキーボードのオススメ5選!ゲーミングキーボードの特長も解説

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥11,867 (2019/11/21 22:27:01時点 Amazon調べ-詳細)
対象 ゲーミングキーボード中級者以上
キータイプ メカニカル
キー配列 日本語91キー
キーピッチ 19mm
キーストローク 3+-0.2mm 最短1.5mm
キーロールオーバー 最大26キーまで同時押し可能
サイズ 幅360mm×奥行153mm×高さ34.3mm
重量 約980g
バックライト RGBライティング

ゲーミングキーボードの生命線であるキータイプに、オムロンと共同開発したメカニカルスイッチの「Romer-G」を使用しており、その「Romer-G」はプロ仕様のパフォーマンス、レスポンス、耐久性(7,000万回の打鍵)を備えた特殊なメカニカルスイッチです。

PCゲームでは中々使う機会が少ないテンキーを省いた、テンキーレスのゲーミングキーボードでコンパクトなサイズになっています。
テンキーレスになっている分、本来ならテンキーがあった部分までマウス操作の範囲として使えるようになるので、左手でキーボード、右手でマウス操作が格段にしやすくなります。

やはり、eスポーツにも対応したプロ仕様のメカニカルゲーミングキーボードと言うだけあり、販売数も常に上位に入る程の人気のゲーミングキーボードです。

ロジクール ゲーミングキーボード G910r

ロジクール ゲーミングキーボード G910r

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥14,900 (2019/11/21 22:27:02時点 Amazon調べ-詳細)
対象 ゲーミングキーボード中級者以上
キータイプ メカニカル
キー配列 日本語108キー + Gキー 9個
キーピッチ 19mm
キーストローク 3+-0.2mm 最短1.5mm
キーロールオーバー 最大26キーまで同時押し可能
サイズ 幅505mm×奥行210mm×高さ35.5mm
重量 約1,450g
バックライト RGBライティング

ゲーミングキーボードの生命線であるキータイプに、オムロンと共同開発したメカニカルスイッチの「Romer-G」を使用しており、その「Romer-G」はプロ仕様のパフォーマンス、レスポンス、耐久性(7,000万回の打鍵)を備えた特殊なメカニカルスイッチです。

オーディオコントロールキー/バックライトのON・OFF切替キー/Winキー無効キー/Gキーが9個といったように、便利なキーが豊富に用意されており、特にカスタマイズ可能なGキーは、ゲーム以外にも「ショートカットキー」として利用する際に非常に便利です。

このゲーミングキーボードには、ARX DOCKというスマホスタンドが備わっており、ARXコントロールアプリを使い、ARXに対応しているゲーム情報を表示したり、他にはゲーム攻略情報などをスマホに表示させておくような使い方が出来ます。

フルサイズで大きいサイズのゲーミングキーボードですが、カスタマイズ可能なGキーが豊富であるため、仕事などでも使いやすく、また、本来のPCゲームをする際にもゲームのジャンルを選ばずにプレイが可能なゲーミングキーボードです。

まとめ

ゲーミングキーボードは多くの種類が販売され、特にゲーミングPC初心者の方にとってはどのキーボードを選択したら良いのか頭を悩ませてしまいます。
そこで、今回2019年人気のゲーミングキーボード5選を紹介しました。

これからゲーミングキーボードを使用する初心者の方は、メンブレン方式のゲーミングキーボードから使用してみて、使用するPCゲームや使い勝手からそれに合った次のゲーミングキーボードに代えていくと、失敗が少ないです。

少しでも、ゲーミングキーボード選択の参考になれば。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする