Windows10タッチキーボード/スクリーンキーボードの表示

Windows10では新しいタッチキーボードのほか従来のスクリーンキーボード機能があります。

スポンサーリンク

タッチキーボードの表示方法

デスクトップの場合

タスクバーを右クリックし『タッチキーボードのボタンを表示』を選択します。

タスクバー右下にタッチキーボードのアイコンが表示されます。
アイコンをクリックすることで、タッチキーボードの表示が行えます。

タブレットの場合

タスクバーを長押しし、『タッチキーボードのボタンを表示』を選択します。

スクリーンキーボードの表示方法

  1. 設定を開きます。
  2. 『簡単操作』を開きます。
  3. 左メニューから『キーボード』で選択し、『スクリーンキーボードをオン』にします。
  4. スクリーンキーボードが起動します。

以上で操作は完了です。

補足

スクリーンキーボードは×で閉じてしまうと、再度設定から開きなおす必要があります。
常時使用する場合は最小化『-』で使用することをお勧めします。

スクリーンキーボードが有効の状態ではタッチキーボードの使用はできません。

まとめ

タッチパネル採用の2in1ノートPCやタブレットでは需要があると思います。

スクリーンキーボードもタッチキーボードも大きな違いはないですが、タッチキーボードの方がスマートフォンの操作に近い文字入力が可能です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする