Microsoft Edgeが起動しなかったり、直ぐ落ちる場合は権限を再設定すると直るかも

Microsoft Edgeが起動しなかったり、起動しても直ぐ終了/落ちたりと、結果Edgeが使えなくなる症状が多々あるようです。
このような状況に陥ったら、Edgeの権限を設定しなおすことによって、直る可能性があります。

今回はEdgeの権限を設定する方法の紹介です。

下記の方にEdgeの再インストール方法を紹介したページリンクもあります。

スポンサーリンク

Microsoft Edgeの権限再設定方法

今から行う権限とは書き込み権限のことで、この権限を一度拒否に設定し、再度拒否設定を外す方法です。

1:Edgeフォルダーを表示します。
※AppDateは隠しフォルダーになるので、予め隠しフォルダー見える状態にしておきます。
(表示 → 隠しフォルダーにチェックを入れる)

エクスプローラーを開き『C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Packages』の階層まで行きます。

2:『Packages』フォルダー内にあるMicrosoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe』フォルダーを右クリックしプロパティを開きます。

3:セキュリティタブ → オブジェクト名の『編集』を開きます。

4:現在ログインしているアカウントを選択し、アクセス許可の項目を見ます。

5:アクセス許可の一覧の中に『書き込み』のチェックを外し『拒否』にチェックを入れます。

6:アクセス許可をOKで閉じ、プロパティもOKで閉じます。

7:一度PCを再起動します。(念のために程度です)

8:再び1~4の手順でアクセス許可のウィンドウを開きます。

9:先ほど拒否に設定した『チェックを外します』

10:OKで閉じます。

Edgeを起動して、または直ぐ終了しないか確認します。

以上の方法で改善されれば良し、直らなければ別の原因が考えられます。

直らなかった場合は別に原因がある

取り合えず、直ぐ行えるのはシステムファイルのスキャンです。

管理者権限でコマンドプロンプトまたは管理者権限でPowerShellを起動し
『sfc/scannow』を入力しエンタキーで実行します。

システムファイルに異常が見られた場合、自動で修復を行ってくれます。100%修復出来るとは限りません。

それでも直らない場合はログを確認する必要が出てきます。

または、Edge自体を再インストールする。
ただEdgeには普通にアンインストールが出来ないので収納されているフォルダーをPowerSellでリネームし、PowerSellからインストールする方法になります。

他にはマイクロソフトに聞いたEdgeの再インストール方法
ユーザーデータを新規ユーザーに移す方法です。

まとめ

Edgeの動作が不安定で起動しなかったり、すぐ落ちる/終了したりする場合はEdgeの権限の問題の可能性があります。

その場合、通常書き込みにチェックが入ってるのを拒否に設定し、再度拒否を解除してあげると直る可能性がある。

今回のはあくまで一例にすぎず、不具合の原因は別にある可能性も勿論あります。

特にEdgeに拘りが無いなら別のブラウザーで事は足りると思いますけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. Kashima Shinji より:

    IBM Trusteerをアンインストールし、edgeが復活しました。
    プログラム名でIBMが省かれているので、注意。

  2. Roo より:

    私もこれをアンインストールしたら治りました。ありがとうございました。