Windows 10大型アップデート/Fall Creators Updateでまたレジストリや設定初期化の可能性

2017年2回目のWindows10大型アップデートの『Fall Creators Update』まで後一週間ほどになりました。

これまで、Windows10ではTH2、Anniversary Update、Creators Updateと大型アップデートがありましたが、その全てでWindows10のレジストリや各種設定が初期化されています。

Windowsを自分なりにカスタマイズしている方は面倒くさい作業が待っています。

レジストリを編集箇所など予めメモなどに残しておく必要が出てくるかもしれません。

Fall Creators Update』では現在アップデート前の段階では確実なことは分からないが各種設定が初期化される前提として考えていた方が良いと思います。

スポンサーリンク

Fall Creators Update配信日

『Fall Creators Update』の配信日は

配信日:2017年10月17日

過去の大型アップデートから参考にすると『直ぐには配信されるのではなく、順次配信される』形になるかと思います。

Fall Creators Updateで削除される機能

削除される機能
3D Builder app
Apndatabase.xml
・Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET)
・Outlook Express
・Reader app
・Reading List
・Resilient File System (ReFS)
・Screen saver functionality in Themes
・Syskey.exe
・TCP Offload Engine
・Tile Data Layer
・Trusted Platform Module (TPM) Owner Password Management
非推奨になる機能
IIS 6 Management Compatibility
・IIS Digest Authentication
・Microsoft Paint
・RSA/AES Encryption for IIS
・Screen saver functionality in Themes
・Sync your settings
・System Image Backup (SIB) Solution
・TLS RC4 Ciphers
・Trusted Platform Module (TPM): TPM.msc and TPM RemoteManagement
・Trusted Platform Module (TPM) Remote Management
・Windows Hello for Business deployment that uses System Center Configuration Manager
・Windows PowerShell 2.0

引用元:Features that are removed or deprecated in Windows 10 Fall Creators Update

「3D Builder app」は「ペイント 3D」に置き換わるので削除された。
だが3D Builder appを使いたいユーザーがWindowsストアからダウンロードが出来るようになっている。

また、XP時代から長く親しんだ?ペイントは非推奨になり、今度は消えていく事が予想される。

Fall Creators Updateで追加される機能

新たに追加される機能は今後記事にしていくので、ここでは簡単に紹介。

・コルタナがスタートメニューに入りブラウザを開かずBing検索が可能になる。

・UIの変更。

・MRヘッドセットのサポート。

・AIを用いて写真や動画の編集がより手軽に行える。

・クラウドベースでiOSやAndroidともコピペが共有される。

など大雑把にまとめるとこんな感じで、詳しくは今後の記事を見てください。

まとめ

新しい機能の追加は歓迎ですが、消えていく機能にはなんだか寂しさを覚えます。

また、設定等が初期化される可能性についても前文で触れましたが、気になるところです。

アップデート後に過去のバージョンに戻すことはWindows上で可能ですが、保全の為にもイメージバックアップなどを作っておくと良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする