スリム型PCにグラボを取り付ける方法

家庭やオフィスでよく見るスリム型のPCにグラフィックスカードを増設する方法です。

PCケース自体に拡張性があるかはメーカーや種類(型番)により様々ですので、ご自身で確認して下さい。

今回、KEIANのスリム型PCケースにロープロファイル対応のグラフィックスカードを増設してみました。

スポンサーリンク

グラフィックスカードを増設手順

使用するPCケース

グラフィックスカードを準備する

今回はオフィス内でマルチモニター環境をHDMI出力、VGA出力で使用したいので、割と安価なこちらを選びました。


静音性を求めるならファンレス(ファン無し)のタイプをお勧めします。


負荷の高いゲームをしたい場合は有る程度GPUが新しいタイプを選択すると良いでしょう。


選ぶポイントとしては『ロープロファイル対応』このキーワードが重要です。
それぞれ使用用途に合わせて購入します。


ロープロファイル用のブラケッドは上記画像左にある金具2つ

  1. グラフィックスカードを取り出し接続されているブラケットを取り外します。(6角ナットを外す)
  2. ロープロファイル用のブラケットを取り付けます。
  3. マザーボードに取り付けます。

以上で取付完了です。

後は付属のDVDからドライバーをインストールします。

まとめ

PCケースとマザーボードに拡張性あれば、スリム型ケースでもグラフィックスカードを増設することは可能です。

3Dなど負荷が掛かる作業にはグラフィックスカードがあると大幅に作業効率向上が見込めます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする