2019年 人気ゲーミングマウスのオススメ5選!普通のマウスとの違いも解説!

最近ではeスポーツに代表されるようパソコンでゲームをするのに特化した、ゲーミングPCの人気も高くなり、また、そのゲーミング用の周辺機器も多種に渡り販売されるようになりました。

多くの種類のゲーミング周辺機器の中でも、マウスやキーボードのゲーミング用はさらに多くの種類が販売され、特にゲーミングPC初心者の方にとってはどのマウスやキーボードを選択したら良いのか頭を悩ませているのでは。

そこで、2019年人気のゲーミングマウス5選を紹介します。
少しでも、ゲーミングマウス選択の参考になれば。

スポンサーリンク

そもそもゲーミングマウスと普通のマウスの違いは?

まず、そもそもゲーミングマウスと通常使用するような普通のマウスの違いを、簡単に説明します。

普通のマウスの基本的な機能

通常のマウスには、右左ボタンに加え、ブラウザなどを縦スクロールさせるスクロールホイールの3つのボタン等が基本的には配置されています。
マウスによっては、この基本的なボタンなどに加えて、ブラウザ等の戻る・進むを操作するボタンが2個付いている物もあります。

もちろん、普通のマウスをゲーミングマウスとして使用する事は出来ます。
しかし、クリックボタンの耐久性や重量等が通常の使用を想定して作られているので、PCゲームに使用するとあっという間に、クリックボタン部分が壊れてしまいやすいです。

ゲーミングマウスの基本的な機能

ゲーミング用マウスと謳われている物は、普通のマウスと比べてボタンの耐久性やボタンの数、解像度やマウス本体の重量などが、大きく性能向上している物が大半です。

また、ゲーミングマウスにはボタンが複数備えられている事が普通で、それぞれのボタンにゲームのコマンドを割り当てることで、ゲームに対する操作性を向上させることが可能となります。

それに加えて、PCゲームをする際に自分好みにボタンのカスタマイズをする事ができることも普通のマウスと比べて大きな特徴です。

ゲーミングマウスは、マウスを動かしたときの感度が高く設定出来るため、その感度を細かく設定することで、マウスカーソルの移動速度を調整する事が出来るのでバトル系のゲームで狙いを定めるときに非常に有利になります。

また、マウスの応答速度というと、1秒間にマウスの操作をパソコンにどれだけ早くデータ送信できるかということになり、この応答速度が早ければ対戦相手と相打ちになったときに、相手より早く反応する事が出来るようになります。

このように、ゲーミングマウスを使用する事により、よりPCゲームに特化したマウス操作が出来るようになり、しいてはゲーム内で少しでも対戦相手より有利にゲームを進める事が出来るようにもなります。

ゲーミングマウスと言えば、以前までは応答速度のラグ(遅延)を嫌い有線タイプが主流でしたが、最近では無線タイプでも有線タイプと遜色ないレベルまでの応答速度を持ったゲーミングマウスも販売されています。

人気ゲーミングマウスのオススメ5選の紹介

logicool ゲーミングマウスG300S(初心者向け)

Logicool(ロジクール)
¥3,300 (2019/12/14 03:57:13時点 Amazon調べ-詳細)
9個のプログラム可能なボタンを搭載
PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギア
3つのプロファイルを保存できるオンボードメモリ搭載
対象 ゲーミングマウス初心者向け
接続方法 有線
サイズ 長さ 115 mm × 幅 72 mm × 高さ 37 mm
重さ 82 g
解像度 200~2,500 DPI
レポートレート 1000Hz(1ms)
ボタン数 9ボタン
オンボードメモリ プロファイル3個
バックライト カラーゾーン7個

ゲーミングマウス初心者向けでありながら、コスパにも優れボタン数も9ボタン、オンボードメモリもプロファイルが3個使用する事が出来ます。

上位機種と比べると解像度こそ大きく劣りますが、レポートレートは1msと十分でボタンにより解像度を切り替える事も可能です。

これから初めてPCゲームを使用する方や今まで普通のマウスを使用していた方など、ゲーミングマウス入門として非常に優秀なゲーミングマウスです。

このマウスを使用してから、さらに自分にとってどんな機能がもっと必要かを探ってもいいです。

logicool ワイヤレスゲーミングマウスG603 (初心者向け)

Logicool(ロジクール)
¥5,426 (2019/12/14 03:57:14時点 Amazon調べ-詳細)
複数デバイスへの同時接続、コントロールが可能。ボタンを押して2種類の接続を簡単に切り替えることができます。
PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギア
対象 ゲーミングマウス初心者向け
接続方法 ワイヤレス(LIGHTSPEED・Bluetoothの2種類から選択)
サイズ 長さ 124 mm × 幅 68 mm × 高さ 43 mm
重さ 88.9 g
解像度 200~12,000 DPI
レポートレート LIGHTSPEED時 1000Hz(1ms)/ Bluetooth時 125Hz(8ms)
ボタン数 6ボタン
オンボードメモリ プロファイル1個
バックライト 無し

初心者向けのゲーミングワイヤレスマウスで、ロジクール独自のLIGHTSPEEDワイヤレステクノロジーを採用することで、信号遅延を最低限に抑えてワイヤレスの自由度とパフォーマンスを両立したゲーミングマウスです。

PCゲーム用としてハイパフォーマンスで使用する時は「HIモード」に設定することで、最長500時間の連続使用が可能となっています。

また、PCゲーム以外での使用目的では「LOモード」に設定することで、最長18ヶ月の電池寿命を実現しています。
電池残量が15%になるとインジケーターで残量を通知し、マウスの電池切れを事前に防げます。

logicool PRO HERO ゲーミングマウス G-PPD-001r

Logicool(ロジクール)
¥5,800 (2019/12/14 03:57:15時点 Amazon調べ-詳細)
最新のロジクールG PROゲーミングマウスは、ロジクールが今までに開発したセンサーの中で最高のパフォーマンスと効率性を実現するHERO 16Kセンサーを搭載。
対象 ゲーミングマウス中級者以上
接続方法 有線
サイズ 長さ 116.6 mm × 幅 62.15 mm × 高さ 38.2 mm
重さ 83 g
解像度 100~16,000 DPI
レポートレート 1000Hz(1ms)
ボタン数 6ボタン
オンボードメモリ プロファイル5個
バックライト LIGHTSYNC RGB

シンプルなデザインで、快適な操作性を追求した有線タイプのゲーミングマウスです。
高い精度でマウスの移動を認識する「HERO 16K」センサーを搭載し、マウスを素早く移動させた時でもマウスポインターが分からなくなることなく快適に移動します。

マウス本体内部の構造を最適化したことにより、マウス本体の重量は83gと軽量で操作中に腕にかかる負担を低減してくれます。
左右のボタンは、5,000万回のクリックテストをクリアし、毎日10時間プレイしても5年間使用し続けられる程の耐久性があります。

ゲーミングマウスに慣れてきた、中級者以上にオススメのゲーミングマウスです。

Razer(レイザー) Lancehead

対象 ゲーミングマウス中級者以上
接続方法 有線/ワイヤレス
サイズ 長さ 117 mm × 幅 71 mm × 高さ 38 mm
重さ 111 g
解像度 16,000 DPI
レポートレート 1000Hz(1ms)
ボタン数 9ボタン
オンボードメモリ
バックライト カスタマイズ可能な1680万色のトゥルーカラーオプション
PCゲームにハマった人なら1度は目にしたことがあるであろう『Razer』 Razerは主にゲームに特化したデバイスを販売しているアメリカの...

快適な操作性で、激しいマウス操作でも完璧に追跡する「5G レーザーセンサー」を搭載しています。
左右対称デザインから、右利きの人のみならず、左利きの人でも同様の操作感を得られます。

マウスの動作をワイヤレス/有線と選択でき、内蔵電池の残容量が少なくなってきたら、有線接続で充電しながら使用するという使い方も出来ます。

Razer Synapse(マウス管理ソフト)を使用する事により、細かいマウス設定を調整する事が出来るので、好みに合わせた設定に微調整しながら、最適な設定をプロファイルとして保存しておく事が出来ます。

logicool ワイヤレスゲーミングマウス G903

Logicool(ロジクール)
¥11,000 (2019/12/14 03:57:15時点 Amazon調べ-詳細)
対象 ゲーミングマウス中級者以上
接続方法 ワイヤレス(LIGHTSPEED)/有線
サイズ 長さ 130.3 mm × 幅 66.5 mm × 高さ 40.4 mm
重さ 110 g(オプションウェイト10g付)
解像度 200~12,000 DPI
レポートレート 1000Hz(1ms)
ボタン数 11ボタン
オンボードメモリ プロファイル5個
バックライト LIGHTSYNC RGB

ボタンを自在に調整できる左右対称形マウスで、左右どちらの手にもフィットし、かぶせ持ち、つかみ持ちなど、さまざまなグリップタイプに対応します。
同社製の充電システムであるPOWERPLAYと組み合わせれば、本マウスを充電しながらプレイできます。

Logicool(ロジクール)
¥17,923 (2019/12/14 03:57:16時点 Amazon調べ-詳細)

マウス本体内部の構造を最適化したことにより、ワイヤレスマウス本体の重量は110gと軽量で、オプションのウェイトを装着するとさらに10gの重量増でマウスの安定性を自分好みに調整出来ます。

左右のボタンは、5,000万回のクリックテストをクリアし、毎日10時間プレイしても5年間使用し続けられる程の耐久性があります。

Logicoolゲーム ソフトウェア(LGS)を使用して、11個のプログラマブルボタンに様々な役割を割り当てて使用する事で、自分好みの究極のカスタマイズが出来るのが最大の特長です。

まとめ

最近ではeスポーツに代表されるようパソコンでゲームをするのに特化した、ゲーミングPCの人気も高くなり、また、そのゲーミング用の周辺機器も多種に渡り販売されるようになりました。

多くの種類のゲーミング周辺機器の中でも、ゲーミングPC初心者の方にとってはどのマウスやキーボードを選択したら良いのか頭を悩ませているのでは。

そこで、今回2019年人気のゲーミングマウス5選を紹介しました。初めてゲーミングマウスを使用する方の場合、有線タイプのlogicool G300sが入門用としては最適だと思います。

Logicool(ロジクール)
¥3,300 (2019/12/14 03:57:13時点 Amazon調べ-詳細)
9個のプログラム可能なボタンを搭載
PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギア
3つのプロファイルを保存できるオンボードメモリ搭載

また、ゲーミングマウスに慣れてきたら、解像度が高いタイプのゲーミングマウスに代えていくと大きな失敗も無く、自分にとって最適なゲーミングマウスが見つけられるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする