Windows10 v1809 October 2018 Updateの不具合情報/各メーカーリンク

2018年10月2日(米国時間)にWindows10大型アップデート「October 2018 Update(1809)」の配信を開始されました。

アップデート適用後に不具合も発生しているようで、今回は各メーカーの注意事項をまとめました。

スポンサーリンク

各メーカーのアップデートに伴う記載

富士通

Windows 10 October 2018 Update(Windows 10, version 1809)の提供について

東芝

Windows 10 October 2018 Update アップデート情報

Lenovo

Windows 10 バージョン 1809 (2018年10月)で検証済みのLenovo デバイス一覧

NEC

Windows 10 October 2018 Updateへのアップデートに関する情報を公開しました。

Panasonic

Windows 10 October 2018 Update サポート情報

その他

SHARPやVAIOなども探してみましたが、見つけられませんでした。

自作PCやBTO使用している場合はUpdate後に不具合が起こったら、以前のバージョンに戻すか各ドライバを最新版に更新すれば直る可能性もあります。

以前のバージョンに戻す方法

「設定 → 更新とセキュリティ → 回復 → 前のバージョンのWindows10に戻す(開始)」で戻せます。

一部環境ではユーザープロファイルが破損したり、ドキュメントファイルが消えたりする記事も見かけましたので、大事なファイルはUSBメモリ/外付HDD/別ドライブにバックアップとっとおくと安心できるかと思います。

前のバージョンに戻す機能を過信せず、自前でバックアップを取っておくのが理想だと思います。私は面倒なので、バックアップソフトでCドライブ全体をイメージバックアップ取るようにしています。

まとめ

大型アップデート後には必ず不具合が出るPCが存在するのは、当たり前で、マイクロソフトもテストを行うわけですが、世界中のPC環境を再現できるわけもなく、どうしても不具合が出てしまうと思います。

不具合が出る機種を使用している場合は修正パッチ、または原因となるソフトなどを削除する必要があります。