Windows10へアップグレードしたら消える7つの機能が判明

Windows10にしたら消える7つの機能が判明

来月、2015/7/29にいよいよリリースされるWindows10ですが、Windows10にアップグレードすると消える7つの機能が判明したようです。

スポンサーリンク

Windows10にしたら消える7つの機能が判明

マイクロソフトは、Windows10へアップグレードするとサポート対象外になる7つの機能を公開してきました。
重大な問題にはなりそうでもないですが、チェックしておきましょう。

Windows Media Centerが削除される

Windows Media Centerを利用しテレビの視聴や録画を楽しんでいた人は、Windows10からサポート対象外になります。

DVD再生には専用ソフトウェアが必要になる

これまで特に考えずレンタルDVDなど動画が入ったDVDメディアを光学ドライブにセットすると、Windows Media Playerが立ち上がってDVDを再生していた人は注意が必要です。

Windows10にはDVD再生用コーデックが搭載されていませんので、これからもパソコンを利用しDVDを鑑賞したい人は自分で再生ソフトをインストールするなどし対応しないとなりません。

これは、Windows8から変更になっている点です。

Windows 7のデスクトップガジェットは削除される

Windows7を利用している方で、ガジェットを自分好みにカスタマイズをし使ってるいる人は注意。
Windows10からはこれらのガジェットが、全て消えてしまいます。

ガジェットを使い続けたいと考える方は、直ぐにWindows10へのアップグレードを見送った方がいいかもしれません。

Windows Updateの調整ができなくなる

Windows 10 Homeへアップグレードを考えている方は注意。

Windows 10 Homeの上位バージョンである、Windows 10 ProやWindows 10 Enterpriseなどには、Windows Updateの種類やタイミングをユーザーが自由に調整できる「Windows Update for Business」という機能が用意されています。

ですが、Windows 10 Homeには、このWindows Updateの自由なカスタマイズ機能が提供されていないのです。

Windows 7にプリインストールされていたゲームは削除される

ソリティア、マインスイーパー、ハーツなどを楽しんでいる方は残念なお知らせになるかもしれません。

これら以前のWindowsにインストールされていたゲームは、Windows10では削除されよりモダンになった「Microsoft Solitaire Collection」と「Microsoft Minesweeper」に置き換えられます。

USBフロッピードライブがデフォルトではサポートされない

おそらくUSBメモリが普及している中、フロッピーディスクを使用しているユーザーは居ないでしょ?っとマイクロソフトは判断したんだと思います。

仮に現在も利用されている方は、フロッピードライブ製造メーカーからWindows 10向けに用意されたドライバーに期待するしかありませんね。

Windows Live EssentialsのOneDriveは削除される

「Microsoft OneDrive」アプリケーションソフトは、Windows 10にデフォルトで用意される『OneDrive』へと置き換わってしまうことになりますよ。

まとめ

これを改善とみるか改悪とみるかはアナタ次第ですが、ある程度パソコンに詳しい方なら、特に心配は無いでしょう。
僕はちょっとだけUpdateの調整が出来なくなる点だけ気になるくらいで、後はふ~んってくらいに思ってます。

Microsoft(英文)

更新:2018/12/4

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    XP形式のアップスケーリング機能が廃止されているので、画面の拡大設定を行うと文字やアイコンが汚くなります。