WINDOWS10は2025年までサポートされることが判明

win10.111
2015年7月29日に公開される「Windows 10」は、Windows 7・Windows 8.1などから無料でアップグレード可能となることが明らかになっていましたが、リリース前の段階でサポートが完全に終了する期日が2025年10月であることまで明らかになりました。

スポンサーリンク

windows10のサポート期間は2025年10月まで

Windows lifecycle fact sheet – Windows Help
http://windows.microsoft.com/en-us/windows/lifecycle

Windows 10 support from Microsoft confirmed to last until October 14, 2025 | Windows Central
http://www.windowscentral.com/windows-10-support-microsoft-confirmed-last-until-october-14-2025

Microsoftが、Windows製品のライフサイクルの主要日程を公開しているページを更新し、Windows 10のメインストリームサポートと延長サポートが終了する期日を公開しました。Microsoftによると、「サポート終了とは、Microsoft が自動修正プログラム、更新プログラム、またはオンライン テクニカル アシスタンスの提供を終了する日付を指します」とのことで、サポート終了を迎えれば危険なウイルスやマルウェアからPCを保護するために役立つセキュリティ更新プログラムを受けることができなくなるわけです。

wi01

windows10にアップグレードする理由の動画

説明するとwindows7の良いところとwindows8の良いところを足しました!って感じです。
足して2で割ったのではなくて、足して3にした感じ。

まとめ

windows10にすれば、たしかにX-boxユーザーとかはTVでゲームが出来ない場合PCやタブレットで出来るらしいってとこは凄いと思います。
ホームクラウドっぽく使えるなら、仕事の書類を家に忘れた場合などにも凄く助かりそうですね。

windows10への興味はあるが、少し古いPCにインストールするのを躊躇しちゃいます。
ハードの交換を行った場合とかね・・・怖くてまだインストールする気にはなれませんが、今後の明らかになっていくと思うので目が離せません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする