パソコンのスペック計測方法

MOK_kyouhei-notepasokonsawaru500-thumb-1000xauto-1163

自分が今使ってるパソコンはどれくらいのスペックなのか気になる事はありませんか?

それを数値で表してくれるのが「Windows エクスペリエンス インデックス(WEI)」です。これはWindowsVistaからWindows8までは標準搭載されていたが何故かWindows8.1ではなくなってる!?そんなことに気が付いた人も多いでしょう。実際はWindows8.1でも計測するコマンドは残されていますがパソコンに詳しくない人には少し難しいかもしれない。

そこで今日はWindowsVista~8までの従来の測定方法とWindows8.1での測定方法(2種類)紹介します。

スポンサーリンク

まずはVista~8編

まず左下のスタートボタンからコントロールパネルを開いてみよう!

conpane1

システムとセキュリティをクリック

conpane2

システムをクリック

windows7_system

ここにシステムの項目に評価5.0と出ているのが自分のPCのスコアです。

何も表示されていなければ、「Windowsエクスペリエンス インデックス」をクリックし「評価を実行」をクリックすれば計測が始まります。

conpane2.1

Windows8.1編その1

Windows8.1ではWindowsエクスペリエンス インデックスあるもののwindowsVista~8のようには見つからない!

ます初めに左下のスタートボタンを右クリック!

start_l

コマンドプロンプトをクリック 2つあるがどちらでもよい

cmd

次に全て半角英数で『c:\Windows\System32\WinSAT.exe formal』とコマンド入力しエンターで実行

cmd2

気長に待つ多分3分程度、合計実行時時間が出たら完了!さて結果は何処?焦らないでコマンドプロンプトを×(バツ)で閉じてください。

計測結果を見てみよう!

結果が保存されているフォルダを開きます

場所は「C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore」内でxml形式で保存されてます。

kekka

「日時 Formal.Assessment(Recent).WinSAT.xml」ファイルをダブルクリックして見てみよう。

kekka2

こんな感じのウィンドウが開きます。スコアの見方は下記見てね

SystemScore 基本スコア
MemoreScore メモリ
CpuScore プロセッサ
GraphicsScore グラフィックス
GamingScore ゲーム用グラフィックス
DiskScore プライマリ ハードディスク

Windows8.1編その2

上記の方法は面倒くさいって方にはオススメ

もっと簡単に計測してくれるソフトもあるんです。

http://soundengine.jp/さんが無料提供している
WIN SOCRE SHAREをいうソフトならダウンロードし簡単に実行計測してくれます。

まずダウンロードページはコチラ

site

Zip形式でダウンロードされますのでダウンロードが終わったら解凍!

apri1
同意するをクリックし

apri2

最新の計測結果を読み込むをクリックし実行 後はちょっとだけ待つ

apri3

基本スコアから各スコアまで見やすい形で表示されます。

apri4

また、画面タイプをプロファイル画面に変えれば平均値と見比べることも可能。

まとめ

何故Windows8.1からWindows エクスペリエンス インデックスが使いにくくなったのかは謎ですが一応は調べる事も可能です。

これからパソコン購入を考えている方などは自分のPCと比べる目安になるんではないでしょうか。

後、僕のはグラフィック以外全部平均以下でしたw

スポンサーリンク

シェアする

フォローする