便利!Windowsの右クリックメニューをカスタマイズできるソフト

WindowsPCで作業する中で右クリックして新しいフォルダーを作成したり、別のソフトで開いたり、展開/解凍したり、送ったり…と様々な使用用途が右クリックにはありますよね。

便利になる分、ソフト/アプリが増えてくると同時に右クリックのメニューも増えて、逆に探すのに手間取ったりしませんか?

それらの右クリック時に表示されるメニュー項目を非表示にしたり、管理できるソフトの紹介です。

このソフトは対応しているWindowsバージョンが幅広いのも特徴です。

対応環境 : 64bit版を含むWindows 98から10

スポンサーリンク

Windowsの右クリックメニューをカスタマイズする方法

ShellExViewのダウンロードとインストール

右クリックメニューをカスタマイズするソフトの名前は『ShellExView』になります。
このソフトの特徴はシステムにインストールされているシェルエクステンションを一覧表示して、個別に機能を有効・無効化できるソフト。

ダウンロード

ダウンロードは窓の杜から行います。
ShellExViewダウンロード:http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/shellexview/

webページが表示されたら『窓の杜からダウンロード』をクリックし、保存します。

以上でShellExViewのダウンロードは完了です。

インストール

ダウンロードした.exeファイルを実行しウィザードを開き、手順に従い進めます。

以上でインストールは完了です。

ShellExViewの使い方

  • ShellExViewを起動します。
  • 一覧が表示されますので、『Type』をクリックしソートします。
  • Typeの『Context Menu』が右クリックした際に表示される、メニュー項目になります。
  • メニューに表示したくないソフトを選択し『赤い丸』のボタンをクリックします。
    赤がOFF、緑がON。『はい』で実行します。
  • 非表示にしたい項目を実行したら、次にエクスプローラーを再起動します。
    『Options → Restrt Exporer』の順でエクスプローラーを再起動します。
  • 最後に適当なファイルを右クリックしメニュー項目が減っているか確認します。

以上で操作は完了です。

例えば、私の環境で行うと
通常は

IObitのソフトやEaseUSのソフトを非表示にします。

このように右クリック時のメニュー項目が減りました。

実際は使わないメニューもまだまだ多いので必要ないのを省いていくと、スッキリすると思います。

このソフトは基本は英語仕様ですが、日本語化もできるようです。
ですが、特に難しい英語ではないので必要ないかも。

まとめ

右クリックのメニューを整理できるソフトのShellExViewのご紹介でした。

似たようなソフトや多機能のソフトは探せばまだまだあります。

取り合えずメニュー項目は多くなっても使わない場合が多いと思いますので、シンプルになれば良いと思いレビューしました。

ShellExViewダウンロード:http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/shellexview/

公式サイト:
http://www.nirsoft.net/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする