NVIDIAがクラウド上でGTX1080、GTX1060のGPU性能を3月から米国でレンタル開始

NVIDIAがオンライン上でグラフィックボードのGPU性能をレンタルすることを発表しました。

まずは米国から17年3月からサービス開始。

ノートPCなどグラフィックに非力な部分をこのサービスを利用することでGTX1080の性能を楽しめるかもしれません。

従来では、「NVIDIA Shield」のみが対象でのサービスでしたが、「GeForce NOW for Mac and PC」として新たにWindows PCやMacなどPCにも拡大されました。

スポンサーリンク

価格と必要回線速度

価格はクレジット制

はじめに2500クレジットを購入します。25$(約2900円)
1分毎にクレジットを消費していく仕組みです。

1分辺り
GTX1080:4クレジット(約0.47円)
GTX1060:2クレジット(約0.23円)

GTX1080なら10時間と十数分で約2900円)
GTX1060なら20時間と十数分で約2900円)

必要回線速度

ゲームを快適にプレイするには25Mbps以上の回線速度が必要です。
光回線(有線LAN)なら条件を満たしそうですが、ADSLや光を無線LANで使用している場合は速度が厳しいかもしれません。
回線速度が気になる場合は調べてみて下さい。

対応プラットフォーム

Steam、Origin、GOG、Uplay、Battle.netを様々なプラットフォームに対応しています。
もちろんゲーム自体の所有権はユーザーが購入する必要があります。

まとめ

実に良いサービスだと思います。

ノートPCの方だとスペック的に半ば諦めていた最新の3Dゲームを遊べるかもしれません。
もちろんデスクトップを使用していてもGTX1080まで手が届かないって方も試す価値はあるかも。

性能に満足すれば現物でグラボ購入の目安にもなりますしね。

しかもこのようなサービスは常に最新版が提供される可能性も高いですし、2017年にはGTX2080がリリースするかもしれない、
そうなったらいち早くGTX2080で遊べるって日もくるかも。

新規登録には無料で1000クレジット付いてくるようです。ただ日本でのサービス提供の日程などはいまのところ未定。

少し心配なのはCPUの性能やメモリ容量などが足を引っ張らないかですよね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする