Windows10アップデート/Anniversary Updateでパーティションが認識できない不具合が発生

日本マイクロソフトは12日、米国時間8月2日にリリースされたWindows 10の大型アップデート「Anniversary Update」インストール後に不具合が発生する可能性があることを、マイクロソフトのコミュニティページで紹介した。

不具合の内容は、Anniversary Updateインストール後に、パーティションがファイル エクスプローラに表示されないというもの。「ディスクの管理」でパーティションを表示すると、RAW/未割り当て領域として表示される現象が少数ユーザーから報告されているという。

米Microsoftは問題を認識しており、不具合を解決する修正プログラムをWindows Update経由で配信する予定。パーティション内のデータは表示されないだけで保存されており、修正プログラムが待てない場合はAnniversary Updateをアンインストールする解決策を勧めている。

Anniversary Updateのアンインストール方法は、Windows 10のスタートボタンから、「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」を開き、「前のビルドに戻す」項目の「開始」を選択する。ただし、「前のビルドに戻す」オプションは、Anniversary Update適用から最大10日間有効となり、10日以上経過した場合は修正プログラムがリリースされるまで待つ必要がある。

引用:http://news.mynavi.jp/news/2016/08/15/255/

スポンサーリンク

Anniversary Updateのアンインストール方法

1:Windowsスタートボタンから『設定』を開きます。

2:『更新とセキュリティ』 → 『回復』タブを選択する。
Anniversary01Anniversary02

3:『前のビルドに戻す』項目の『開始』を選択する。
※「前のビルドに戻す」オプションは、Anniversary Update適用から最大10日間有効となり、10日以上経過した場合は修正プログラムがリリースされるまで待つ必要がある。
以前のバージョンまでは1ヶ月戻す期間だったが今回のAnniversaryから10日になっている。

Anniversaryが適用されているかビルドバージョンで確認する方法

Anniversaryのビルドバージョンは『1607』である。

Windowsキー+Rでファイル名を指定して実行を開き、ボックス内に『winver』と入力し『OK』をクリック。

Anniversary03

スポンサーリンク

シェアする

フォローする