パソコンを持っている人はやっておくべき事!

PAK85_coding15095904-thumb-1000xauto-18356

パソコンを使用しているなら、やっておくべきこと!それはセキュリティ対策です。

新学期や新社会人、増税前のタイミングでなどパソコンを購入する人が多い時期などありますが、しかりと対策をしておきましょう。

100%防げるわけではないですが、ウィルスに感染する確率はマイクロソフトの調査では、マルウェア対策製品の保護が有効に機能しているPC と比較して、保護のない PC では、マルウェアおよび迷惑なソフトウェアへの感染率は、およそ 5.5 倍高い状況でした。

スポンサーリンク

アカウントとパスワードを設定しよう

Windows PCでは自分用のアカウントとパスワードの設定が出来ますので、他人に操作されないようにしましょう。

PC を家族で共有する場合は、それぞれが、アカウントとパスワードを設定しましょう。Office などのアプリケーションは、PC にインストールすれば、全員のアカウントで利用できますので、ご安心ください。

アカウントとパスワードを設定しておくと、こんな場面で役に立ちます。

PC やタブレットを紛失した時に他人に勝手に PC の中身を見られない

家族で共有している PC で、ひとりがウイルスに感染した場合でも、他の家族へは被害が及ばない

子供用のアカウントでは、利用できる機能を制限し、安全にインターネットを利用させることができる

パソコンは最新の状態で使用する

Windows やOfficeなどのアプリケーションのソフトウェアには、脆弱性 (ぜいじゃくせい)と呼ばれるセキュリティ上の問題点があります。ウイルスなどに代表される悪意のあるソフトウェア (マルウェア) は、この脆弱性を悪用して、パスワードやクレジットカード情報を盗むなどの犯罪を行います。セキュリティ更新プログラムを PC にインストールすることで、脆弱性が修正され、マルウェアは、脆弱性を利用する確率を減らすのです。

自作PC、メーカーPC問わず、新しいPCを購入した際は1番初めにWindows Updateを行い最新の状態にしておこう。

ウィルス対策(マルウェア対策)ソフトをインストールしておこう

ホームページ、メール、USB経由などで色々な方法で悪意の有るソフトがアナタのPCを狙っています、ウィルス対策ソフトを入れておけばウィルスから保護してくれます。

先日も年金の個人情報流出が発覚されたばかりですが、原因は職員がメールに添付されているexeファイルを実行したからと言われています。そのパソコンにウィルス対策ソフトをインストールしていたかまでは分かりませんが、もし入れていれば警告などが出ていたと思います。

まとめ

いつも思うけど、パソコンって壊れてから皆慌てますよね。まぁそうですけど、僕も結構サイトみたり動画みたりいろいろインストールしたりするのですが、海外サイトによくある入れたいソフトと同時に余計なのもインストールしようとするのは、あれは余り知識の無い人は引っかかっちゃいますよね。また中には写真のリンク先がZipファイルだったりとかwいつも癖で僕はリンクのurlを目視で確認してそれがjag、gif、pingなのかは確認していますが。

取りあえずウィルウ対策をしていない人は早急に対策しておきましょう。対策していて、警告が出てきたらしっかり確認して、拒否、許可いずれかをすればよいですし。

ウィスルイレーザー動作は軽いです。
シンプルで使いやすいウイルス対策ソフト【Virus Eraser】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    誤字多い