自作PCの組立て方/ケース取り付け編

前回、記事にまとめた予算5万円でWindows10のPCを作る!

のパーツが届いたので、パソコンを組み立てていきたいと思います。

今回はマザーボード、HDD、DVDドライブ、をケースに取り付けになります。

スポンサーリンク

マザーボード取り付け

●:マザーボードに付属されているパネルをPCケースに取り付けます。
maza-t01

PCケースの背面部分に長方形のスペースがあるので、そこにパネルのPCケース内部からはめ込みます。

maza_t02

取り付ける上下の位置を間違えないようにしましょう。

maza_t03

マザーボードをケースに固定するには全部で6か所止めます。その内2か所にはナットが予め付いていなかったので、PCケースに付属しているナットを使用して、それからマザーボードを固定します。

マザーボード側のネジ位置

maza_t04

ケース側のネジ位置、内2か所にナットが付いていないので、付ける必要があります。(オレンジ色の部分)

maza_t05

使用するナット

maza_t06

このナットを締め込むのにナットドライバー5mmがあると凄く簡単に作業が進みますよ

マザーボードを軽く仮止めし、位置が決まってからネジを対角線上に締め込んで行きます。

真ん中にネジ2つは最後に締めます。

maza_t07

これでマザーボードは完全にPCケースに固定されました。

各ケーブルを繋ぐ

マザーボードの固定が済んだら、USBなどのケーブルを繋ぎます。

HD AUDIOケーブル

maza_t08

USB3.0ケーブル

maza_t10

USB2.0ケーブル

maza_t09

スピーカー(ビープ音)

今回のスピーカー差込口はスイッチ関係のある所にありました。マザーボードの型番によって場所は固定されていませんので、取扱説明書を読んでください。

maza_t11

ファンは1か所はマザーボードの『SYS_FAN』他のファンは電源ユニットへ接続します。

maza_t12

maza_t13

ケーブル関係の接続が完了したら、後はHDDとDVDドライブも取り付け完了です。(写真忘れました)

このPCケースの場合はPCケース背面にケーブルを通す穴がありますので、そこからケーブルを繋ぐことで、表から見る分にはサッパリした感じになります。

背面側だとこんな感じになりました。

maza_t13

少しごちゃごちゃしていますが、カバーを付ければ見えなくなります。

表から見るとこんな感じ

maza_t14

カバーを付けたらこんな感じになります!

maza_t15

若干、ケーブルが見えていますが、ケーブルタイで絞めれば問題ありません。

これで自作PC本体のみは完成です。

後はOSと各ドライバをインストールすれば本当の完了になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする