Windowsでモニターを2台同時使用する方法”マルチディスプレイ、デュアルモニター”

モニターが複数あると、表示出来るウィンドウが増える事により、情報表示の量が多くなり確実に作業効率がアップします。

色々な使い方が出来ますが、片方のモニターでブラウザを表示し、片方でエディターやエクセルなどを表示させたままなど、一つのモニターだけの環境と大幅に違いが出てきます。

スキャンした資料を片方に表示させながら、片方のワードを開いたモニターで編集作業など、1つのモニターが2つになるだけで出来る事が増えてきます。

Windows本体が1台で、モニター(以下ディスプレイ)を2台使いたい場合の設定方法を説明します。デスクトップPCでの説明になります。

スポンサーリンク

PCが2台以上の出力に対応しているか確認する

まず、お使いのPCとディスプレイがディスプレイ2台出力に対応しているか調べます。
メーカーPCなどでは、同時出力に対応していない場合も多いので、出力端子の有無を確認しましょう。
m01

パソコン本体に、2つ以上の映像出力端子があるか確認をします。
もし、複数の映像出力端子が無い場合は、グラフィックカード等が必要になってきます。

オンボード(マザーボード)のみだと対応していない場合もあります。

その場合はグラフィックボードを追加することで改善されます。

スリムタイプPCなら(DVDドライブなど縦に装着されている場合が多い)

マルチモニターだけしたい(PCゲームしない人向け)

PCゲームしたい人向け

ミドルタワーケースで、PCゲームをしたいなら。
Steam上で一番ユーザーが使用しているモデル。GTX 1060 18/6月調べ

ケースを開けるのは苦手な方は、USB端子を利用して簡単にモニター出力に変換してくれるタイプの物があります。ノートPCも有効です

マルチディスプレイの設定方法

ここではWindows8.1の画像で紹介します。
Windows7も手順は同じですが、見ためが少し違うだけです。

画面の解像度を開く

m01

デスクトップ上の何もない場所を右クリックし、「画面の解像度」を選択します。

表示画面を拡張する

m02

複数のディスプレイのプルダウンメニューを開き、「表示画面を拡張」を選択します。
仮に2・1の順になっていて、メインモニターを1にしたい場合は、『1をクリックしたまま』1・2の順になるように移動して下さい。

メインディスプレイを決める

m03

メインとして利用するディスプレイを選択し、「これをメインディスプレイにする」にチェックを入れOKで閉じます。

サブディスプレイのタスクバーを非表示にする方法

m05

タスクバーを右クリックしプロパティを開く

m06

タスクバータブを選択し、「タスクバーをすべてのディスプレイに表示」のチェックを外します。

Windows8/8.1で別の方法で設定する

Windows10の場合も、操作はほぼ同じです。

m09

スタートから右上にある検索をクリックします。

m11

検索欄に「ディスプレイ」を入力し、ディスプレイの設定をクリックします。

m13

「表示画面を拡張する」を選択します。

m15

メインディスプレイを選択し、「これをメインディスプレイにする」にチェックを入れ「適用」をクリックします。

モニターアームでデスク回りをすっきり

モニターアームを使用することで、モニターの足が邪魔になることがなくなり、デスク回りがすっきりします。

種類も多種多様で、左右にモニターを設置したいか上下にモニターを設置したいかで決めるとよいでしょう。

まとめ

2台のモニターを使う事をマルチモニター、マルチディスプレイ、デュアルモニター、デュアルディスプレイと言ったり呼び方が様々ですが、Windowsの設定上では「ディスプレイ」で統一しているみたいです。

僕も現在マルチディスプレイ、を使用しています。
もうマルチディスプレイ、に慣れてしまえばディスプレイ1台じゃ全然足りなく感じます。

メインディスプレイでゲームをし、サブディスプレイでyoutubeやら攻略サイトみたり、仕事でもメインディスプレイで資料作りつつ、サブディスプレイで調べものしたりと大活躍です!

もし、マルチディスプレイをやってみたいけど、出力端子が合わないって人も変換ケーブルなどで解決したりします。
これを使えば、ノートPCの方でもマルチディスプレイが出来ます。

更新日:2019/03/13

スポンサーリンク

シェアする

フォローする