エレコムのマウスで手を放すと電源OFFになるマウス

m-wk01db
立命館大学とエレコムの産学協同開発モデル。手を離すと自動で電源がオフになる“アイドリングストップ機能”を搭載した、5ボタンワイヤレスタイプのBlueLEDマウス。『M-WK01DBシリーズ』の販売。

スポンサーリンク

製品の特長

■ アイドリングストップ機能搭載 5ボタンワイヤレスマウス
■ 立命館大学とエレコムが産学協同開発!アイドリングストップ機能搭載マウス
■ 持ち方を選ばないシンメトリーデザイン
■ 省電力設計
■ 場所を選ばずに快適に使用できる
■ 2.4GHz帯を採用したワイヤレスタイプ
■ 1円玉サイズのマイクロレシーバ
■ ボタン機能の割り当て変更ができる

M-WK01DBシリーズの押しは

なんと言ってもアイドリングストップ機能でしょう。これはマウスを手で触れている間は『電源がON』で手を放すと『電源がOFF』になるのが最大の売りである。
このアイドリングストップ機能を採用することで結果的にマウスの寿命を延ばすことに繋がるわけだ。

エレコムのテストでは1日8時間の稼働で単4電池2本使用し、約『2年』電池交換が不要に。

詳しくはエレコムの商品ページへ:http://www2.elecom.co.jp/products/M-WK01DBBK.html

まとめ

無線マウスの電池交換は意外と面倒くさかったりするんですが(電池交換が必要なため)まぁ2年ほど電池交換を必要としないなら苦にならないかもしれない。
私は何度か無線マウスを使用したが、デスクトップを使用していることから、落ち着いたのは有線マウスである。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする