パソコントラブル情報をピックアップ

アナタの役に立つ!?色々なパソコントラブル対処方法・カスタマイズ・便利情報などを紹介

Windows8/8.1の仮想メモリを変更する方法

      2015/06/25

kasou_memor

Windows8/8.1で仮想メモリ領域を増やしたりして複数のプログラム実行時に実装メモリの内容を一時的にハードディスク上に書き込み、実装メモリの空き容量を一時的に増やすことができます。

また、近年のオンラインゲームではOSが32bitの場合は仮想メモリを増やして下さいなど警告が出るものもある。

 

スポンサーリンク

仮想メモリのサイズ変更は必要?

仮想メモリのサイズ変更は『仮想メモリが不足しています』などの警告が出ない限り必要ではないかもしれないが覚えといていいだろう。

 

仮想メモリのサイズ変更方法

定番のコントロールパネルを開く

コントロールパネルを開く

左下のWindowsマークを右クリックしコントロールパネルを選択し開く

システムをセキュリティを選択

conpane1

コントロールパネルの表示方法をカテゴリにしておく(コントロールパネルの右上)

システムをセキュリティを選択する。

システムを選択

conpane2 システムを選択する。

システムの詳細設定を選択

1

システムの詳細設定を選択する。そうするとシステムのプロパティが開く。

 

システムのプロパティの設定を開く

2 システムのプロパティが開いたら詳細設定タブを選択し『設定』をクリックする。

パフォーマンスオプションを開き変更をクリック

3 パフォーマンスオプションが開いたら詳細設定タブを選択し『変更』をクリックする。

仮想メモリの変更

4 上にあるチェックを外し

変更したいドライブを選択)ここでは「Cドライブ」

カスタムサイズにチェックを入れ、それぞれ初期サイズと最大サイズにMBサイズで入力する。
例:4Gの場合は4090M(1G辺り1024M)

5
入力が終わったら『設定』をクリックし『OK』で閉じる。

6 最後にOKで閉じパソコンを再起動する。

まとめ

 

最近は64bitも増えてきて仮想メモリ不足の警告は少なくなったものの、32bitユーザーはゲームなど起動していれば出る場合もあるだろう。

そんな時はこの方法で仮想メモリの調整を行うといいですよ。

 - Windows8/8.1

スポンサーリンク

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

Windows8/8.1のディスククリーンアップ方法

日々使うパソコン。そして、日々不要な空き容量を消費するゴミが溜まっていくパソコン …

Windows8/8.1で休止状態を表示する方法

WindowsOSを終了させる時に表示される、シャットダウン。それ以外にもスリー …

2015年6月MS WindowsUpdate情報(毎月恒例)

毎月恒例のマイクロソフト(以下MS)のUpdate情報です。 今回は、緊急2件・ …

マイクロソフトのサイトで『We are sorry, the page you requested cannot be found.』ページが出る場合の対処法

Hotmailを使用している人は良く見かけるエラーページで『We are sor …

hostsファイルが改ざんされていないか調べる方法。

ウィルスやマルウェアに感染した際にhostsファイルを書き換えられる場合もあり( …

Windows10アカウントに管理者権限を与える方法

Windowsでは複数のアカウントを作成でき、それぞれどこまで権限を与えるか設定 …

インターネットに繋がらない場合のアダプタのリセット方法

昨日まで使えてたのに今日はインターネットが繋がっていないなどありませんか。 スリ …

今日は毎月恒例マイクロソフトUpdateの日/16年/8月

本日は毎月恒例のWindows Updateの日です。 Updateの内容は全部 …

フォルダーのリボンを表示する方法/Windows10

フォルダーの『リボン』を表示する方法です。 一度リボンを表示させておけば、エクス …

Windows10/8.1PC起動時にテンキーが使えるようにする方法

PCの電源を入れWindowsにログインする再にキーボード右側にあるテンキーが無 …