パソコントラブル情報をピックアップ

アナタの役に立つ!?色々なパソコントラブル対処方法・カスタマイズ・便利情報などを紹介

USB機器がたまに動かなくなる、スリープから復帰できない場合の設定確認方法/Windows10

   

Windows10ではUSB機器を一定時間使用していないと消費電力を抑える為に、自動でUSB機器の電源が切れるように予め設定されています。

それを、『USBのセレクティブサスペインド』を言います。簡単に言うとUSB機器の省エネ設定のことです。

スリープから復帰しようにもマウスが動かない、外付けHDDを認識していないってことはありませんか?

毎回USBを抜き差しするのは面倒!そんな方にお勧めの設定です。

このUSBのセレクティブサスペインドはデフォルトでは有効になっており、今回は無効にする設定のご紹介です。

操作はWindows10

スポンサーリンク

USBのセレクティブサスペインドを無効化する方法

1:『コントロールパネル』を開きます。左下のスタートボタンを右クリック→コントロールパネル
直接電源オプションを開いても良い、その場合は手順3へ

2:『システムとセキュリティ』→『電源オプション』の順に開きます。

3:現在しようしているお気に入りプラン横にある『プラン設定の変更』をクリックします。

4:プラン設定の編集を開いたら『詳細な電源設定の変更』をクリックします。

5:詳細設定の一覧から『USB設定』→『USBのセレクティブサスペインドの設定』→『無効』にします。

6:『OK』でウィンドウを閉じます。

以上でUSBのセレクティブサスペインドの設定操作は完了です。

補足

USB外付けハードディスクを使用している場合は、「ハードディスク」の「+」をクリックし、「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」の「+」をクリックして、「バッテリ駆動」欄および「電源に接続」欄の値を「0」に設定します。
※ 電源状態ごとに設定を別にしたい場合は、それぞれ任意に設定します。

まとめ

電源オプションを開き、プラン設定の変更→詳細→USB設定の順で開き『無効』にしてあげる。

この設定をすることで、USB機器には常に通電されている状態になり、マウスが動かなくなった!なんてことはなくなります。

それでも動かないようであれば別の問題が考えられます。

 - Windows10, パソコン修理

スポンサーリンク

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

Windows10でブルースクリーン0x19、0x133が出てしまう場合にお勧めソフト

Windows7/8.1からWindows10へ無償アップグレードを行った際に …

Windows 10ワークグループ作成方法

複数のPCでワークグループを作ることによって、プリンター、ファイルなどの共有簡単 …

Windows creators updateを更新したら文字入力出来なくなった、音も出なくなった場合の対処方法

windows creators updateを適用したらキーボードでの入力が出 …

no image
レジストリのバックアップ方法

過去記事でも何度かレジストリ編集に関することを書いてはいたが、ハッキリをレジスト …

Windows10(無償)無料アップグレード方法

先ほどWindows10へアップグレードの予約方法を書きましたが、予約と同時にダ …

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(8月) – 「緊急」4件、「重要」10件の脆弱性

日本マイクロソフトは12日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラ …

使用しているWindowsが32Bitか64bitかを超簡単に調べる方法

使用しているパソコンのOS、Windowsが32bitか64bitかを調べる方法 …

Windows10 アプリ毎に音量を調整する方法

今回はWindows10のミキサーを使いアプリ毎に音量の調整をする方法です。 ス …

Windows搭載の便利ツールまとめ

Windows PCには様々なツールがあります。 皆さんがよくご存じの「コントロ …

メモリ診断のやり方

パソコンは買った時が100%のパフォーマンスを発揮すると考えれば、月日が経つにつ …