USB機器がたまに動かなくなる、スリープから復帰できない場合の設定確認方法/Windows10

Windows10ではUSB機器を一定時間使用していないと消費電力を抑える為に、自動でUSB機器の電源が切れるように予め設定されています。

それを、『USBのセレクティブサスペインド』を言います。簡単に言うとUSB機器の省エネ設定のことです。

スリープから復帰しようにもマウスが動かない、外付けHDDを認識していないってことはありませんか?

毎回USBを抜き差しするのは面倒!そんな方にお勧めの設定です。

このUSBのセレクティブサスペインドはデフォルトでは有効になっており、今回は無効にする設定のご紹介です。

操作はWindows10

スポンサーリンク

USBのセレクティブサスペインドを無効化する方法

1:『コントロールパネル』を開きます。左下のスタートボタンを右クリック→コントロールパネル
直接電源オプションを開いても良い、その場合は手順3へ

2:『システムとセキュリティ』→『電源オプション』の順に開きます。

3:現在しようしているお気に入りプラン横にある『プラン設定の変更』をクリックします。

4:プラン設定の編集を開いたら『詳細な電源設定の変更』をクリックします。

5:詳細設定の一覧から『USB設定』→『USBのセレクティブサスペインドの設定』→『無効』にします。

6:『OK』でウィンドウを閉じます。

以上でUSBのセレクティブサスペインドの設定操作は完了です。

補足

USB外付けハードディスクを使用している場合は、「ハードディスク」の「+」をクリックし、「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」の「+」をクリックして、「バッテリ駆動」欄および「電源に接続」欄の値を「0」に設定します。
※ 電源状態ごとに設定を別にしたい場合は、それぞれ任意に設定します。

まとめ

電源オプションを開き、プラン設定の変更→詳細→USB設定の順で開き『無効』にしてあげる。

この設定をすることで、USB機器には常に通電されている状態になり、マウスが動かなくなった!なんてことはなくなります。

それでも動かないようであれば別の問題が考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする