Windows7以降でマザーボード交換する際の注意点

Windows7以降のPCでマザーボードの故障や買い替え(取り換え)の際には注意が必要です。

以前から使用している同じマザーボードの型番で交換する分には問題ないが、まったく別のマザーボードを取り付ける場合は
レジストリ編集を事前に行っておく必要があります。

自作製PCを使っている方が主な対象になると思います。

簡単に言うと以前使用していたPC構成変わるので、レジストリを編集しておかないと新しいマザーボードを取り付けてもOSが起動しなくなります。

スポンサーリンク

レジストリ編集をする

交換前のPC構成でWindowsを起動する

交換前のPC構成でWindowsを起動する。
Windowsが起動する状態ならば、レジストリ編集を容易です。

1:[Windowsキー+R]→「regedit」と入力し、Enter
maz01
2:作業前にはレジストリにバックアップを取っておきましょう。

レジストリの編集はHKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\以下の
・Aliide.sys
・Amdide.sys
・Atapi.sys
・Ataport.sys
・Cmdide.sys
・Intelide.sys
・Msahci.sys
・Pciide.sys
・Pciidex.sys
・Viaide.sys
にある『start』の値を『3』から『0』に書き換えます。
無い項目は、無視して進めます。
書き換えるにはstartの所をダブルクリックまたは右クリックで修正を選びます。
maz02

値を修正したら『OK』で閉じます。

『ControlSet001』や『ControlSet002』があれば両方編集します。

3:編集が終わったら、再起動をしWindowsが起動するかを確認し、確認ができたらマザーボードを交換します。

4:OSのライセンス認証を行います。オンライン認証で通る場合もあるが電話での認証が多いかも。

まとめ

マザーボード交換前にこの作業を行っていないと、Windowsが起動しなくなります。
上記の作業を行っていない状態でWindowsの起動を掛けるとスタートアップ修復とか出てきても、修復されるわけでもなく結局、起動しないのです。

ざっくり言うと以前のマザーボード(PC構成)で使用していたドライバのみが有効になっている状態をレジストリ編集で全てのドライバを有効化してあげる作業です。

また、完全にマザーボードが故障していて、Windowsを起動してからのレジストリ編集が出来ない場合の対処方法もありますので、後日掲載します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする