Windowsのバージョンや現在のビルドの確認方法

Cortana01

現在使用している、Windowsのバージョン(ビルド)の確認方法です。

スポンサーリンク

ファイルを指定して実行

Windows8/8.1/10

スタートボタンを右クリックし『ファイル名を指定して実行』をクリックする。

Windows7

スタートボタンをクリックし『ファイル名を指定して実行』をクリックする。

また、共通で使えるショートカットキーは『Windowsキー+R』でも『ファイル名を指定して実行』を開く事ができる。

コマンド(winver)を実行する

ファイル名を指定して実行を開いたら、名前ボックスに『winver』と入力し、
『OK』をクリックする。
winver01

winver02
Windowsのバージョン情報ウィンドウが開き、
現在使用しているビルド、Windowsのバージョン、エディションが、
それぞれ表示される。

確認後OKをクリックすればウィンドウは消えます。

まとめ

『Windowsキー+Rキー』を押し、『ファイル名を指定して実行』を開き、
winverと入力し、OKでWindows情報を開き現在使用しているバージョン等を確認ができる。

何故、この記事を書こうかと思ったかは、それはWindows Updateで「Version 1511(ビルド番号:10586.x)」に
バージョンが上がるとWindows10の目玉とも言えるCortana(コルタナ)がくるからだ。

Insiderに参加していない私は大人しく待つしかないと思い、待っていた状態だから、
余計に楽しみなのであるが、残念なところ現在私のPCにはまだUpdateが当たっていない。

何やらOSの言語や国等を変えるとCortana(コルタナ)は使用できるらしい記事を見かけるが
日本語じゃないと意味が無い!と思いそこまでは、しなかったのである。

実装され次第、Cortanaの記事を書こうと思います。

Cortanaとは

Windows 10に搭載されている音声アシスタントの名称で、iPhoneの「Siri」のような機能です。 使えるといっても正式なリリースではなく、現時点では開発段階のテスト版となっており、Windows Insider Programの参加者向けにのみ提供されています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする