11月のWindows Update後にPC起動しないトラブルについて

2015年11月、毎月恒例のWindows Updateを行った際に、Update後にWindowsが起動しなくなり、

画面がチカチカちらつく症状の報告が多いようです。

原因はWacom(ワコム)社製のタブレット(ペンタブレット)をPCなどに接続したままに、していると高確率で起こるようです。

スポンサーリンク

原因は「KB3097877」「KB3107998」

ワコム製のペンタブレット(ペンタブ)がPCに接続された状態で再起動をかけると
PC画面が点滅するなどして起動しなくなる不具合が各所から報告されています。

その原因を引き起こしているのが、「KB3097877」「KB3107998」のようです。

対処方法

●原因のUpdate後でも、USBで接続されている状態であれば、USBを外します。

●システムの復元かUpdate前にイメージバックアップを取っているなら、そちらで復元する。
ようは「KB3097877」「KB3107998」がインストールされていない状態にまで戻す。

ただ、Wacom(ワコム)公式では『USBケーブルをパソコンから外していただき、その後、Windowsを起動してください。
Windows起動後に、あらためてペンタブレットを接続いただければ 問題なくお使いいただく事ができます。』
とある。
Wacom(ワコム)サポートページ

また、ペンタブ未使用の場合でもPCが起動しなくなる症状も確認されていて、こちらはシステム復元にて対応できるようです。

まとめ

Wacom(ワコム)のタブレット(ペンタブ)を繋げたままPCを起動したら、画面がチカチカちらついて、

PC起動が出来なくなる場合がある。

尚、症状の多くが、Windows7のPCみたいです。

●USBを抜き、再度PCを起動する。(起動後にUSB接続で問題ないらしい)

●原因と考えられる、ファイルを削除するには、『システムの復元』か『バックアップソフト』から復元を試みる。

個人的にはシステムの復元も余り信用していないけど、以前の状態に戻るって部分だけ
考えれば使えなくもないが、他に微妙に設定が変わったり、例えばビジュアルが
クラシックタイプになっちゃったり、画像やファイルの表示が変わったりと

余り、システムの復元に関しては、良い印象を持っていない。
なので、フリー版でも良いので、別ドライブ、または別パーテションが有るならば、
HDDを丸ごとバックアップを取って置く事をオススメします。

実際にイメージバックアップから何度か助けられたことはあります。
もし、最悪の場合、Windowsを再インストールする状態になっても、
イメージバックアップがあれば怖くもなんともないです。

OS再インストール後、インターネットにさえ繋がれば、フリー版のバックアップソフトを
インストールしてから、バックアップ(保存)していたデータを復元するだけです。
膨大に時間が掛かるWindows Updateや、設定もする必要なし!

フリー版のバックアプソフトAOMEI Backupper Standardのダウンロードとインストール方法
フリー版EaseUSのTodo Backup Homeダウンロードとインストール方法

スポンサーリンク

シェアする

フォローする