パソコントラブル情報をピックアップ

アナタの役に立つ!?色々なパソコントラブル対処方法・カスタマイズ・便利情報などを紹介

「Office 2016」、販売開始。一般向け

      2015/11/11

office2016
日本マイクロソフトは、新しいOffice「Microsoft Office 2016」の一般向け永続ライセンスを提供開始すると発表した。

参考価格は、「Office Personal 2016」が29,800円、「Office Home & Business 2016」が税別34,800円、「Office Professional 2016」が59,800円など。

スポンサーリンク

アプリケーションの種類

Office 2016は、WindowsデスクトップアプリケーションのWord、PowerPoint、Excel、Outlook、OneNote、Accessなどで構成される。
新たに、他のユーザーの編集内容をその場で確認できる共同編集機能や、Skypeの統合など、チーム作業向けの機能強化が行われた。また、Windows 10の生体認証機能Windows Helloとも連携する。

販売形態

POSAもしくはダウンロードとなる。なお、ボリュームライセンスは10月1日に提供開始する。
提供形式の項目にある「POSA」とは、ライセンスキーが書かれたPOSAカードのことで、パッケージ版の代わりとしてこちらが提供されている。そのため、ソフトウェアは別途ダウンロードする必要がある。

価格詳細

Office2016

製品名 参考価格(税別) 提供形式
Office Personal 2016 29,800円 POSA/ダウンロード版
Office Home & Business 2016 34,800円 POSA/ダウンロード版
Office Professional Academic 2016 27,800円 POSA版
Office Professional 2016 59,800円 ダウンロード版
Word 2016 14,800円 POSA/ダウンロード版
Excel 2016 14,800円 POSA/ダウンロード版
PowerPoint 2016 14,800円 POSA/ダウンロード版
Outlook 2016 14,800円 POSA/ダウンロード版
Access 2016 14,800円 POSA/ダウンロード版
Project Professional 2016 131,800円 POSA/ダウンロード版
Project Standard 2016 78,800円 POSA/ダウンロード版
Publisher 2016 14,800円 POSA/ダウンロード版
Visio Professional 2016 71,800円 POSA/ダウンロード版
Visio Standard 2016 37,800円 POSA/ダウンロード版

 

Office2016 for Mac

製品名 参考価格(税別) 提供形式
Office Home & Student 2016 for Mac 23,800円 POSA/ダウンロード版
Office Home & Business 2016 for Mac 34,800円 POSA/ダウンロード版
Office Academic 2016 for Mac 16,800円 POSA版

 

システム必要条件

プロセッサー SSE2 に対応する 1 ギガヘルツ (Ghz) 以上の x86/x64ビット プロセッサ
オペレーティング システム Windows 7 以降、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012
メモリ 1 GB の RAM (32 ビット)、 2 GB の RAM (64 ビット)
ハード ディスクの空き容量 3 GB
ディスプレイ 解像度 1280 x 800
グラフィックス ハードウェア グラフィック アクセラレータには、DirectX 10 対応グラフィック カードが必要。
マルチタッチ マルチタッチ機能を使用するには、タッチ操作に対応したデバイスが必要です。 タッチ操作デバイスがなくても、キーボード、マウス、または標準的なその他の入力デバイスを使用することにより、すべての機能を利用できます。 新しいタッチ操作機能は、Windows 8 以降で快適に使用できるように設計されています。
その他のシステム必要条件 商業目的では使用できません。
インターネット機能にはインターネット接続が必要。
Microsoft アカウント必須。

 

マイクロソフト公式officeページ:http://www.microsoftstore.com/store/msjp/ja_JP/cat/Office/categoryID.66240600

今回のOffice2016も1ユーザーでPC2台までインストール可能なバージョンも準備されています。

 - ソフトウェア

スポンサーリンク

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

2015年9月のWindows Update情報、全12件

今月も毎月更新されるWindowsのセキュリティ更新やバグ修正が配信されるWin …

Windows10アカウントに管理者権限を与える方法

Windowsでは複数のアカウントを作成でき、それぞれどこまで権限を与えるか設定 …

Windows10でスタートメニューやコルタナが開けない場合の対処方法

Windows10でスタートメニュー(スタートボタン)とコルタナなどが開けなくな …

iPhone関連の問題に答えて、Mobisaver 7.0をゲット!

iPhone販売から今年で10周年を記念してEaseUSからiPhone/iPa …

パスワード忘れた!Windows10でパスワード忘れた場合の為にリセットディスクを作成する方法

パスワードを忘れてPCにサイイン/ログイン出来なくなったら、凄く焦りますよね。 …

STEAMウィンターセール開催1月3日まで

Steamのウィンターセールが開催されました。 注目しているゲームなどが割引対象 …

最新Windows10から「コマンドプロンプト」が削除される?

マイクロソフトは最新のWindows10のリリースから、コマンドプロンプトを削除 …

アンインストールしたのにプログラムのアンインストールまたは変更に残ってしまう場合

先日コントロールパネルからプログラムのアンインストールを行ったがファイル自体は消 …

Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlandsオープンベータ公開

Uplayが提供するゴーストリコン シリーズ最新作『 ゴーストリコン ワイルドラ …

NVIDIAがクラウド上でGTX1080、GTX1060のGPU性能を3月から米国でレンタル開始

NVIDIAがオンライン上でグラフィックボードのGPU性能をレンタルすることを発 …