最強の隠しフォルダー作ろう/Protected Folder

Windowswには予め隠しフォルダーが存在しますが、これは少しだけの知識があれば簡単に隠しフォルダーを表示し中身を見ることが可能です。

特にWindows10 になってからは、より簡単に表示できるようになっています。

そこで今回はIObitの『Protected Folder』を使用しフォルダーやファイルを厳重に管理したいと思います。

使用目的は様々ですが、社内文書、他人には見られたくないファイル、バックアップしているライセンスキーなど。。。

今回は無料版のご説明になります。

公式サイト:http://jp.iobit.com/free/pf.html

スポンサーリンク

Protected Folder動作環境

対応OS

Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP(いずれも日本語版)
※すべて64ビットおよび32ビットに対応

※対応OSのサポートについてはMicrosoft社の延長サポート終了後、対象外とさせていただきます。

CPU

1GHz以上

HDD空き容量

30MB以上

メモリ(RAM)

256MB以上

ダウンロードとインストール方法

ダウンロード方法

1:公式サイトにアクセスします。http://jp.iobit.com/free/pf.html

2:『無料でダウンロード』をクリックし、Vectorのサイトへ飛びます。

3:緑色の『ダウンロードページへ』をクリックします。

4:『このソフトを今すぐダウンロード』をクリックするとダウンロードが開始されます。

以上でダウンロードは完了です。

インストール方法

手順通りに進むだけなので難しいことはありません。

1:その他プログラムを終了して下さい。

2:ダウンロードしたZipファイルを開き、フォルダーに入っている.exeを実行(展開)します。(名前はprotected-folder-setup.exe)

3:インストールウィザードが起動しますので、「次へ」をクリックしてください。

5:インストール先の選択画面が表示されますので、 問題がなければ「次へ」をクリックしてください。
※ 初期設定のインストール先にインストールすることをお勧めいたします。

6:インストール時のオプション設定が表示されます。
デスクトップにショートカットを作成したい場合は、
「デスクトップ上にアイコン作成する」にチェックを入れてください。
お気に入りに追加したい場合は、「IObitをブックマークに追加」にチェックを入れてください。
設定が完了したら、「次へ」をクリックしてください。

7:ツールバーのインストールが表示されます。
インストールしたいツールバーがありましたら、チェックを入れてください。
設定が完了したら、インストールしない場合はそのまま「スキップ」をクリックしてください。

8:最後にインストール後にプログラムを起動するかを設定できます。
インストール後、プログラムを起動する場合は、チェックを入れてください。
設定が完了したら、「完了」をクリックしてください。

操作ガイドのページが表示されます。(英語)

以上でインストールは完了です。

次回の記事では『Protected Folder』の使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする