Google Chrome 最新版に手動アップデートする方法/ダウングレードする方法

Googleが提供するブラウザGoogle Chromeを手動で最新版にアップデートする方法のご紹介です。多くの方は自動アップデートを有効にしていると思いますが、最新版のアップデートは即座に実行されるとは限りません。

いち早く、最新版を使用したい方向けの「手動でアップデート」する方法のご紹介になります。また、逆にダウングレードする方法も併せてご紹介。

操作はWindows版 PCで行います。

スポンサーリンク

Google Chrome手動アップデート方法

  1. Google Chromeを起動する。
  2. 右上の「Google Chromeの設定」をクリックし、表示されるメニューで「ヘルプ」→「Google Chromeについて」の順にクリックします。
  3. Google Chromeについてを開くを「アップデートが自動で始まります」
  4. アップデートが完了したら「再起動」ボタンをクリックしChromeを再起動します。
  5. 再起動後、「Google Chromeは最新版です」の表記に変わっていればアップデート(更新)は完了です。

以上で、Google Chromeを手動でアップデートする方法は終了です。

Google Chromeのダウングレード方法

上記とは逆に以前のバージョンに戻す方法のご紹介になります。

公式では常に最新版しか入手できず、以前のバージョンに戻すには非公式サイトを利用する形になります、ですので、「ダウングレードは自己責任」で行ってください。

バージョン70から48にダウングレードしてみました

現在使用しているChrome 70をアンインストールします。
アンインストールはコントロールパネルか設定などから行います。

Chromeアンインストール方法

エクスプローラー開き以下のパスを貼り付けエンターキーを押します。

コントロール パネル\プログラム\プログラムと機能

プログラム一覧からGoogle Chromeを選択し「アンインストール」をクリックします。

Chromeダウングレード方法

Chromeのアンインストールが完了したら、EdgeやFireFoxなど別のブラウザで非公式サイトへ行きます。
非公式サイト:Google Chrome Older Versions Download

使用しているOSとインストールしたいバージョンを選びダウンロードします。

ここではWindows版(64bit)、Chrome 48で説明します。

ダウンロードしたexeファイルをセキュリティソフトでスキャン掛けてみましたが「安全」とは出ました。

ダウンロードした古いバージョンのファイルを任意の場所に展開します。

展開したフォルダーを開き、chrome.exeを実行します。

ヘルプからバージョンを確認すると48に戻っているのが分かります。

通常はchromeについてを開くをアップロードされるはずですが、エラーでアップデートはされませんでした。詳しい原因までは分かりませんでしたが、OSのビルドバージョンやchromeのバージョンが古すぎる為にアップデートエラーが出たのかもしれません。

また、古いバージョンを使っていると上部に最新版chromeのダウンロードを促す表示が出てきました。

取り合えずは古いバージョンも非公式サイトからダウンロードすることで、使えることは分かりました。

また、古いバージョンのchromeはデスクトップにショートカットアイコンが作られないので、ショートカットは自分で作る必要があります。

対応していない拡張機能

古いバージョンにすると、現在使えている拡張機能などが使えなくなる可能性があります。

古いバージョンのアンインストール

古いバージョンを非公式サイトから落とした場合はコントロールパネルからのアンインストールはできず、展開したフォルダーごと削除します。

仮に最新版を公式からダウンロード/インストールもでき、最新版と古いバージョン両方使える状態にはなりますが、挙動がおかしくなったり、フリーズしたり、設定がリセットされたりとトラブルの元になります。バージョンの違うchromeを2つ使用はオススメできません。

まとめ

手動で最新版の更新は「ヘルプ→chromeについて」から。

ダウングレードは非公式サイトから使いたいバージョンをダウンロードする。

古いバージョンを使うメリットは余り感じませんが、拘りがあるならどうぞって感じです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする