パソコントラブル情報をピックアップ

アナタの役に立つ!?色々なパソコントラブル対処方法・カスタマイズ・便利情報などを紹介

Windows10でスタートアップに登録する方法

   

Windowwsを起動と同時に様々なアプリが一緒に立ち上がって来るのは、
「スタートアップ」にそのプログラムが登録されているからです。

多くの場合はアプリのインストール時にスタートアップへの登録を選択できますが、
今回は”手動でスタートアップ登録”の方法を紹介します。

スポンサーリンク

スタートアップフォルダの場所

スタートアップフォルダの場所

C:\Users\「ユーザー名」\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
※[ユーザー名]にはご自身のユーザー名を入れて下さい。「」は省きます。

エクスプローラーから辿って行く場合

C→ユーザー→「ユーザー名」→AppData→Roaming→Microsoft→Windows→スタート メニュー→プログラム→スタートアップ
※[ユーザー名]にはご自身のユーザー名を入れて下さい。「」は省きます。

●AppDataフォルダは通常、隠しフォルダになっています。表示するためにはメニューから隠しフォルダを表示する必要があります。
隠しフォルダの表示方法
kakusi04

エクスプローラーから「表示」→「隠しファイルにチェックを入れる」です。

スタートアップフォルダを開いたら

スタートアップフォルダを開いたら、その中にWindows起動と同時に起動したいアプリ、プログラムやショートカットを配置します。
stupt01

まとめ

スタートアップフォルダを開き、その中にプログラムやショートカットを配置する。

例えば、パソコン起動と同時にYahooが見たい場合は、Yahooトップページのショートカットを作り、スタートアップフォルダにショートカットを配置すると、次回からパソコン起動と同時にYahooがみれるようになります。(ブラウザが起動する)

ただし、必要以上のプログラムを登録するとパソコン起動が遅くなってしまう原因になりますので、注意が必要です。

 - Windows10, ソフトウェア

スポンサーリンク

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(8月) – 「緊急」4件、「重要」10件の脆弱性

日本マイクロソフトは12日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラ …

Ubisoftから30周年記念で毎月無料でゲームが貰える、12月はアサシングリード3

Ubisoftから毎月無料でゲームが貰える。 今月12月はアサシングリード3が貰 …

Windows再開ローダーが出てキーボードが効かない場合

主にこのトラブルは休止状態、スリープからの復帰時に起こる可能性が高い。 Wind …

OneDriveの無料15Gは1月末まで手続きが必要、2月から新規ユーザーは5GBになる

マイクロソフトが提供しているオンラインストレージのOneDrive、Office …

WIndows8/8.1/10で自動ログイン(サインイン)する方法

Windows起動の際にパスワードを設定していると、毎回パスワードを入力しログイ …

Windows 10搭載スティック型PCを7月29日販売 ドスパラ

サードウェーブデジノスは、Windows 10をプリインストールしたスティック型 …

ディスプレイに合わせてWebページを拡大/縮小する方法

高解像度・高画素密度のディスプレイが増えている中 こうしたディスプレイでは、いわ …

Game Booster 3の検証、ゲーム起動が早くなる?

IObitのGame Booster 3をインストールして、実際にどのくらいゲー …

Windows8から8.1への移行は1/12まで!?

今月の毎月恒例のWindows Updateは米国時間12日、日本時間では13日 …

Windows Office2013が起動できない場合の対処方法

Windowsの環境において、ExcelやWordなどが突然起動しなくなったりす …