Windowsのメモリ解放して高速化する方法

パソコンに負荷を掛ける作業(容量大きなデータ移行、ブラウザタブ多様など…)をしているとPC遅延ぎみになったりしてくると思います。

再起動を行うことで解決はされますが、重くなってきたら再起動を繰り返すのも面倒なもんです。

今回はマイクロソフトが提供している『Windows Server 2003 Resource Kit Tools 』に含まれている『empty.exe』を使用し

メモリを開放する方法の紹介です。32bit、64bit共に使う事はできます。

スポンサーリンク

マイクロソフトからWindows Server 2003 Resource Kit Toolsをダウンロードから解凍

ツールをダウンロード

→ Windows Server 2003 Resource Kit Toolsにアクセスし『Download』をクリックします。

7-Zipで解凍

ダウンロードしたファイルを7-Zipで解凍します。
memori03

7-Zipが日本語になっていない場合はオプションから日本語化できます。

memori04

Tools>Option>Language>日本語>OK

◆ダウンロードした「rktools」を解凍します。

◆解凍して出来た「rktools」をダブルクリックで展開します。

◆「rktools.msi」を展開します。

◆「empty.exe」をデスクトップなどにコピーします。

memori05

s​y​s​t​e​m​3​2​へ移動

デスクトップにコピーした「empty.exe」を『C:​¥​W​I​N​D​O​W​S​¥​s​y​s​t​e​m​3​2』へ移動します。

memori06

​s​y​s​t​e​m​3​2のフォルダを開き、ドラッグ&ドロップで移動します。

以上で「empty.exe」のインストール完了です。

その他ダウンロード、展開、解凍したデータは不要なので削除しても構いません。

メモリー解放のバッチファイルも作っておくと便利

メモ帳を開き

@echo off
empty.exe *

と入力します。

memori07

続いてファイル名を「empty.bat」でデスクトップなどに保存。

通常だと拡張子がtxtになるので保存する際はファイルの種類を全てにする。

memori08

バッチファイルをダブルクリックすることでメモリー解放されます。

メモリー解放の検証

検証環境は

Windows10home 64bit

メモリー6GB

CPU AMDフェノム9950 2.6g

ブラウザGoogleCrome64bit

youtubeを同時に再生10個sの他タブ10個ほど。計20

他にはSkypeやアプリもろもろ

メモリー解放前

memori09

メモリー解放後

memori10

使用中 4.4GB→2.8GB

利用可能 1.6GB→2.4GB

キャッシュ済 1.6GB→2.7GB

このような結果になりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする