amazonをかたる偽メールに注意

amazonをかたる偽メールが流行しているようです。

手口はamazonからのメールのように見せ、ユーザーのメールアドレス/パスワード/住所/クレジットカード情報などの入力が求められるようです。

このような「怪しいメール」と気が付けば未然に防ぐことができますが、デザインなども本家amazonと似ているので騙されてしまう方も居ると思います。

今回はamazonをかたる偽メールを見分ける方法をご紹介します。

スポンサーリンク

偽装メールの見分け方

Amazon.co.jp で使用している送信情報

Amazon.co.jp では、以下の送信情報を使用してお客様にご連絡をしています。

Eメールを送信する場合
  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • amazonbusiness.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp
SMSを送信する場合
  • 09090097540
  • 08021585817
サービス、その他
  • (Amazon.co.jpと連携した) LINE
  • Amazon アプリ

Amazon.co.jp からの連絡かどうかの識別について

このようにamazon公式サイトでは送信に使用するドメインの記載がされています。上記のドメイン以外からのメールは全て偽物になります。

ドメインを確認するにはメールアドレスの@以降の文字列がドメインになります。

メールアドレス:******@amazon.co.jp 赤文字がドメインになります。

ドメイン全てが一致しているか確認する必要があります。

偽メールが来たら

もし、偽メールやハガキが来たら

・リンクをクリックしない。

・添付ファイルを開かない。/添付されているソフトをインストールしない。

・記載されている電話番号に電話しない。

要は何もしないことが対策になります。

クリックしてアカウント情報を入力してしまったら

偽メールのリンクからamazonのアカウント情報やクレジットカード情報を入力してしまった場合は、既に入力した情報は悪質業者に流出しています。

・amazonのアカウント情報を変更する必要があります。 パスワードをお忘れの場合にアクセスして、すぐに変更してください。

・クレジットカードも同様に停止/再発行等が必要になります。クレジットカード会社に連絡して手続きをします。

・セキュリティソフトを使いフルスキャンする。『ZEROスーパーセキュリティ』などアンチマルウェア機能を搭載しているセキュリティソフトが好ましいと思います。

詳しくはamazonサイトのコンピュータを保護するを参照下さい。

まとめ

非常に巧妙に作られた偽メールやフィッシングサイトの場合は一見、本家と見分けが付かない作りになっており、引っかかってしまう方も多いと思います。被害者も多いので、ニュースにもなるんだと思います。

実際amazonがメール送信に使用しているドメインを全て覚えていることもなく、未然に回避するのは難しく思いますが、注文をしていないのに不自然なタイミングでくるメールは全て疑っていいと思います。多くのメールマガジンなどを登録していれば困難でしょうけど。

それか面倒ですが、正規ドメインを1つのフォルダーに来るようにルールを作成しておけば、偽メールの振り分けは簡単にできます。

私のメールにも毎日迷惑メールが来ますが、以前は必死にドメイン拒否したりしましたが、終わりの見えない効果の無い戦いだったため、諦め、Gmailにメールアカウントを登録しGmailで管理しています。

Gmailを使うことによってある程度の迷惑メールなどは自動で迷惑メールフォルダーに振り分けてくれます。

Gmailを使う最大のメリットはデバイスが変わろうと、外出先であろうとメールの確認ができるところにあります。

1台のPCのみでしかメールを使わない方などはセキュリティソフトに迷惑メール防止機能が付いていれば活用した方がストレスも軽減するかと思います。

しかし、迷惑メールって土日は休みなのかな?って思うくらい土日は少なくなりますよね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする