サバイバルゲーム/RUST正式リリース

広いMAPに何も持たず、裸から始めるサバイバルのRUSTがアーリーアクセスから、ようやく正式リリースが本日2018年2/9日 実装されました。

裸から始めるサバイバルゲームに興味ある方は楽しいと思いますよ!

スポンサーリンク

RUSTはどんなゲームか

筆者の感じたレビューです。

一言で言うとするならば、殺伐とした世界で、自分以外は人間は敵だと思って構いません。

中には友好的にボイスチャットで近づいて来る人も居ますが、信用してはならない世界です。信用した瞬間、倒され集めた物資を根こそぎ持って行かれることなど日常茶飯事です。

ただ、そんな殺伐とした世界でも、本当に仲間になるプレイヤーも居ます。海外のプレイヤーとも同じサーバーでプレイが出来るため、海外の友達ができたりします。

ゲーム内容は基本的にMAP上にある木や石を採取し、様々なアイテムのクラフト/自分の拠点(家)などを建築します。

また、敵が作った拠点を襲うこともできます。その際、敵プレイヤーがオンラインの場合は戦闘が始まる可能性もあり、拠点を襲う側が返り討ちにあい、逆に襲うために持ってきた爆発物など貴重なアイテムを取られてしまうリスクもあります。それに爆発音などを聞きつけ漁夫の利してくるプレイヤーもいます。

これだけ聞くと襲う側のメリットを感じないかもしれませんが、上手く敵拠点を破壊し、物資を奪えれば、採取やクラフトせずに大量の物資が手に入る可能性が秘められています。もちろん、襲ったことで赤字になる可能性もありますが。

ソロより多人数が有利

ソロでも楽しめますが、拠点が襲われた際に敵が多数いれば、ほぼ勝ち目はありません。自分の拠点の地の利を生かせば、勝てる見込みはありますが、多数相手だとやはり不利です。

ご近所と友好関係であれば、助けにきてもらえる可能性もあります。

これからソロで始める方は、現地で仲間を集める必要があります。自分から声を掛けて行くと意外と簡単に仲間が集まるかもしれません。

鉄の心が大事

RUSTにログインしたら拠点がなくなってた!なんてこともあります。私も初めはソロで初め、ワラで作った拠点で満足してました(強化できるのを知らなかった)が、翌日ログインすると拠点がなく、そこには看板が建てられていました、看板には一言『thank you』とだけ。

または、仲間と思っていた人にドアパスワードを変更され自分の拠点に入れないなんて話しもよく聞きます。

大抵裏切り行為をする人は高校生や若い年齢層/頭が幼稚な人がその場のノリでやっているのが多い印象です。

このような拠点がなくなったり、裏切りにあったりしても折れない鉄の心が大事です。

月に1回のリセット(ワイプ)が来る

公式サーバーでは月に1度MAPがリセット(ワイプ)が来ます。また、多くの自鯖でも同様に2週間に1度/月に1度ワイプを行っているサーバーが多いです。

逆に1回月に1度ワイプが来ると分かっていれば、仮に拠点は破壊されたとしても、ワイプ後、心機一転プレイすることができます。そこで新たな出会いもあります。

ARKのように古参プレイヤーが牛耳るようなサーバーは自然と存在しません。

ワイプ後は全プレイヤースタートラインは同じです。

RUST動作環境

Windows

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64bit
プロセッサー: Intel Core i7-3770 / AMD FX-9590 or better
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GTX 670 2GB / AMD R9 280 better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 10 64bit
プロセッサー: Intel Core i7-4690K / AMD Ryzen 5 1600
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: GTX 980 / AMD R9 Fury
DirectX: Version 12
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 12 GB 利用可能

7世代i5/GTX-1050(2GB)でも十分プレイは快適に行えますが、高画質でのプレイは向いていません。参考までに10万円台のゲーミングPC実機レビューを参照下さい。
10万以下で購入できるデスクトップゲーミングPCでプレイまとめ

ある程度の画質で快適さを求めるなら、GTX-1060(6GB)くらいで良いと思います。

それ以上の快適差を求めるならGTX1080/Tiクラスになると思います。

RUSTはワイプ直後はMAPに建築物が無いので軽いですが、後半になってくると、拠点近くではどんどん重くなってきます。

激しいプレイにゲーミングデバイスがおすすめ

常に緊張状態にあるゲームの為、キーボード/マウス操作も激しいと思います。

耐久性の高いゲーミングデバイスをお勧めします。

まとめ

今回はRUSTが正式リリースされ、RUSTについて軽く触れた感じの記事になりますが、実際にプレイしてみる、楽しいです。

ただ癖の強いゲームでもあるので、向く人/向かない人がはっきりすると思います。ソロで挫折したら、まずは仲間を集めてみると、また違った楽しみ方でプレイができると思います。

Steamのプレイヤー数を見ると執筆時点で8位です。アーリーアクセス期間中もSteam上のデータでは常に上位に入っているくらい人気のあるゲームです。

Steamページ:http://store.steampowered.com/app/252490/Rust/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする