世界最高の性能 グラフィックスカードNVIDIA TITAN V発売

世界最高の性能と謳う現行のグラフィックスカード最上位として君臨するTITANシリーズの最新版TITAN Vの発売が開始されました。

購入は一人2枚までと制限があります。

スポンサーリンク

TITAN Vスペックと価格

グラフィックスプロセッシングクラスター 6
ストリーミング マルチプロセッサ 80
CUDA コア (単精度) 5120
テクスチャ ユニット 320
ベース クロック 1200 MHz
ブースト クロック 1455 MHz
メモリ クロック 850 MHz
メモリ データ レート 1.7 Gbps
L2 キャッシュ サイズ 4608K
ビデオ メモリサイズ 12288 MB HBM2
メモリ インターフェース 3072-bit
テクスチャ レート (バイリニア) 384 GigaTexels/sec
製造プロセス 12 nm
最大メモリ帯域幅 652.8 GB/s
トランジスタ数 211 億個
コネクタ DisplayPort x 3、HDMI x 1
OS 認定 Windows 10 64-bit、Windows 7 64-bit、Linux、FreeBSDx86、Solaris
フォーム ファクター デュアル スロット
電源コネクタ 6ピン x1、8ピン x1
推奨システム電源容量 600 W

価格は税込 398,000円

公式:https://www.nvidia.com/ja-jp/titan/titan-v/

まとめ

TITAN X発売当初の価格(約18万円)と比べTITAN Vは大分値上がりしています。 TITAN VはVoltaベースとして初のグラフィックス製品であり、興味がある方は公式サイトでご確認下さい。

1世代前のTITAN Xを購入を考えるならGTX1080Tiの方がコストパフォーマンスは高いようですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする