EaseUS年末キャンペーンでTodo Backup Workstation 10.5無料配信


定期的に無料配信のキャンペーンを行っているEaseUSから『年末キャンペーン』を開催すると連絡がありました。

年末キャンペーンではTodo Backup Workstation 10.5が無料配信される予定になります。

スポンサーリンク

年末キャンペーン期間

キャンペーン期間:
2017年12月19日(火)正午12:00ー2017年12月20日(水)正午12:00 (24時間)

キャンペーンページ

キャンペーン期間が短いので、手に入れたい方はお見逃しなく。

無料配信されるバージョン10.5と共に11.0への永久アップグレード版も50%OFFで販売されています。

永久アップグレード版はその名の通り、バージョンは12、13と上がってもアップグレードが行えるライセンスのことになります。

通常単品購入した場合のライセンスは10.5から11.0へのアップグレードは行えません。
長く最新バージョンを使いたい方にお勧め。

最新版は11.0になります。

Todo Backup Workstation概要

基本的にはTodo Backup homeと機能はほぼ同じです。

Backup Centerと共に使うことでネットワーク内のPCバックアップなどの管理が行えます。

詳しくは公式サイトを参照下さい。

バックアップの重要性

バックアップあることで、PCの故障時に救われるファイルは沢山あると思います。

多くの方はバックアップは取らなきゃと意識はあるものの、中々バックアップが取れていない方は非常に多いと思います。

PCが故障してからファイル救出が出来るかの問い合わせも多いのが現状です。
だいたい問い合わせしてくる方はバックアップを作成していません。

故障した箇所がHDDなどの場合はパーティションにもよるが、データ救出も困難になります。そしてなにより費用も高額になりがちです。

業者に依頼した場合
『データ救出に掛かる費用 + 新品HDD + 交換費用 + OSインストール費用 + その他メール設定
』などの費用が掛かってくると思います。

トータルするとバックアップソフトの値段より遥かに掛かります。

データ救出を依頼したとしても、100%の状態でデータ救出出来るとは限りませんが作業代は掛かります。

NASや外付けHDDにスケジュール管理の元バックアップを作成しておくことはデータ保全につながります。

私は、HDD全体のイメージバックアップは必ず作成します。

仮にHDDが故障しても新品HDDにイメージバックアップを復元することで、パーティション情報を含む全てのデータ/設定が復元可能になります。

これに掛かる費用は自身で行えば『新品HDD』のみになります。

バックアップが有ると無いとでは故障した時に掛かる費用に大きな差が出て来ます。

お金には代えられない思い出の写真や動画など少しでも守りたいのであればバックアップ作成はお勧めします。

そういうバックアップ作成ソフトがTodo Backupシリーズになります。
数多くのバックアップ作成ソフトが有るので、操作画面や使用方法を確認し、気に入ったのを使ってみるといいと思います。

まとめ

キャンペーン期間が24時間と短いので、興味ある方は無料なので使ってみると良いと思います。

その際バックアップ先としては別ドライブ、出来れば外付けHDDやNAS/リンクステーションなどがお勧めです。
キャンペーンページ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする