SteamにてFPSバトル『Mirage: Arcane Warfare』が24時間無料配信中

2017年5月に発売されたばかりの『Mirage: Arcane Warfare』が24時間限定で無料配信中です。

近接武器と魔法で戦うFPS視点(一人称視点)のマルチプレイヤーバトルになります。

販売価格は2,980円でしたが、無料配信終了後には980円に価格改定も行われるもよう。

スポンサーリンク

無料配信期間

2017年9月8日 AM 2:00まで。

Mirage: Arcane Warfareの受け取り方

●:Steam内のMirage: Arcane Warfareストアページに行きます
http://store.steampowered.com/app/368420/Mirage_Arcane_Warfare/

または右上のストアを検索するボックスにMirage: Arcane Warfareと入力しストアページに移動。

●:『ゲームをインストール』ボタンをクリックします。
この時点でライブラリに追加されます。

後は遊びたい時にインストールするだけ!

動作環境

最低

OS: Windows 7/8.1/10 (64-bit ONLY)
プロセッサー: Intel® Core™ i3-4370
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: Nvidia Geforce GTX 670
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能

推奨

OS: Windows 7/8.1/10 (64-bit ONLY)
プロセッサー: Intel® Core™ i7-3770 or equivalent
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: Nvidia Geforce GTX 970 / AMD Radeon RX 480
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

いずれもOSは64bit版のみです。

少しだけプレイしてみました

プレイヤーの人数は多いとは言えないかもしれないが、十分遊べるサーバーの数はあります。

ただpingが高いサーバーが多いです。

日本語にも対応しています。

近接攻撃のキャラ、魔法攻撃のキャラとそれぞれ選ぶかと思いきや、どのキャラも近接攻撃とまとう攻撃が使用可能でした。

アバター(キャラ)によって使える武器や魔法が変わるようです。

敵が出した魔法攻撃、どこかで見たことがあるような魔神w

6 VS 6のサーバーに入ってみたのですが、初見ってこともあって新鮮味があり面白かったです。

倒されても10秒ほどでリスポーンでき、チームワークより個人が目の前の敵と戦うスタイルの人がほとんどでした。

プレイ後にはトレーティングカードも貰えました。

まとめ

ゲーム動作は割と低スペックPCでも動くかもしれませんがグラボは必要かも。

プレイはカジュアルな感じで楽しめると思います。

どうやら今回無料配信を行ったのはプレイヤーが思うように集まらなかったようです。

このようなオンライン対戦ではプレイヤーが少ないと過疎化が激しくなりますもんね。

また、2,980円の価格も私個人の感覚としては、プレイしたことがない未知数のゲームで前評判無い状態だと”買う”選択肢には入りません。フレンドなどが勧めると買う気は起るもんですが。

是非無料配信中にGETして楽しく遊んでください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする