10万以下で購入できるデスクトップゲーミングPCでプレイまとめ

マウスコンピューターさんからPCゲームブランドG-Tuneの『NEXTGEAR-MICRO im570BA8-TVicon』をお借りしたので、前回の続き今回は実際にゲームプレイをしたりベンチマークをしたりしてみます。

89,800円(税抜)のデスクトップゲーミングPCでいったいどれくらい快適?にゲームが遊べるか興味ある方におススメです。

(執筆時点2017/7/17)

スポンサーリンク

PCスペック

前回記事同様に『NEXTGEAR-MICRO im570BA8-TVicon』機種で行います。

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i5-7400 プロセッサー
(4コア/3.00GHz/TB時最大3.50GHz/6MB スマートキャッシュ)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1050(2GB)補助電源無しのOCタイプ
■メモリ : 8GB PC4-19200 (8GB×1)
■ハードディスク : 1TB SerialATAIII 7200rpm
■チップセット : インテル® H110 チップセット
■光学ドライブ : オプション (BTOで追加可能)
■カードリーダー : オプション (BTOで追加可能)
■電源 : 500W 【80PLUS® SILVER】

※ 製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

今回取り付けられていたグラフィックボードはMSI製のGTX-1050(2GB)のOC 補助電源無しのタイプでした。

FF-14とドラクエX ベンチマーク

様々な性能が分かるベンチマークですが、今回はゲーミングPCとのことで、さっくりできるFF-14とドラクエのベンチマークを試してみることにしました。

ベンチマークするにあたって起動しているアプリはブラウザ(10タブ)、Skype、Discord、CPUID HWMonitor、マカフィー、くらいです。

ドラクエ X ベンチマーク

  • 標準画質
  • 1280×720
  • ウィンドウ


  • 最高画質
  • 1280×720
  • ウィンドウ


  • 最高画質
  • 1920×1080
  • ウィンドウ

最高評価である『すごく快適』の結果でした。

FF-14 ベンチマーク

デフォルト設定ではノートPCになっているでの、デスクトップPCに変えたベンチマークです。

  • 1280×720
  • ウィンドウ
  • デスクトップPC(標準品質)


  • 1280×720
  • ウィンドウ
  • 最高品質


  • 1920×1200
  • ウィンドウ
  • 最高品質


非常に快適から1ランクさがった『とても快適』になった。
いずれもFF-14においては快適にプレイ出来ると思います。

PSO2ベンチマーク

最高設定でのベンチマークです。

  • テクスチャ高解像度
  • シェーダー高品質
  • 1920×1200


快適に遊べるレベルです。

FPSは平均140くらいでした。

Steamゲームのベンチマーク

個人的によく遊ぶSteamゲームのFPS計測です。

RUST

裸一貫から始めるサバイバルゲーム

設定は『Simple』でその他グラフィック設定はデフォルト


FPSは平均45~55の間で時折カク付く(視点をくるくる回すとカク付きやすい)為、もう少し下げた方が無難だと思います。

これくらいグラフィッククオリティを下げれば快適に遊べます。

ARK

ハイテクな機器と恐竜がいるファンタジーサバイバルゲーム

  • 1440×900
  • ウィンドウ

その他はデフォルト設定でFPS平均45~55(雨が降っても変化はなかった)

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)

1人~4人で遊べる、1ゲーム最大100人で戦い最後の一人を目指すサバイバルゲーム

  • 1600×900
  • ウィンドウ

非常に低いの設定

中間設定

ウルトラ設定

中間設定でパラシュートから降りた際の建物読み込みが追い付かなく、ドアを開けることが出来ない状態がしばしばある。建物の読み込みが完了していれば、ゲームとしてはプレイできますが、時折カク付くので中間より低い設定が良いと思います。

ウルトラ設定はまともにゲーム出来ないくらいにカクつきます。肝心な銃撃戦でカク付く恐れ大。

Cities Skylines

街作りゲームで様々なMODが使用出来、本家SimCityを超えている。(っと思っています)

  • 1440×900
  • ウィンドウ

その他デフォルト設定

FPS平均は25~30

街が大きくなるにつれ重くはなるが、
アクションゲームではないのでFPS25くらいでもストレス無く遊べるレベルです。

METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN

数多くのメタルギアシリーズの最新作。ステルス/アクション両面から楽しめるゲーム

  • 1440×810
  • ウィンドウ

その他はデフォルト設定

FPS60で安定、下がっても55くらいでした。

Counter-Strike: Global Offensive(CS-GO)

Steam定番のFPSゲーム

  • 1440×900
  • ウィンドウ

その他デフォルト設定

FPS平均200前後、モニターが最大60FPSなので関係ない数値と言っても良い。
ゲーミング用モニターだとヌルヌルで楽しそう。

もちろん快適にプレイ可能

Insurgency

戦争物FPSゲーム、復帰不能のBFに乗り物が無い感じのゲーム

FPS平均70前後で快適

設定はデフォルト

Aragami

忍者になり影から影へ移動するステルスゲーム

FPS平均60~70

設定はデフォルトで解像度は1440×900のウィンドウ

まとめ

このゲーミングPCは税込価格と送料入れて10万と200円ほどで現在出ているゲームはほぼ遊べると思います。

逆に遊べないゲームがあるのかな?ってくらい

何度も言う用だが高画質でのプレイには向いていないゲームもある。

標準画質で多くのゲームは十分に楽しめると思います。

10万円ほどの予算で探すなら、選択肢に入れても外れはない。

少し感じたストレスになる部分はWindowsの起動時間です。現在使用している古いPCはOSをSSDにインストールしていてOS起動時間は約40秒、このデモ機はHDDにOSがインストールされているので、OS起動時間は約1分。

出来れば、カスタマイズでSSDの追加をオススメしたいと感じました。

カスタマイズでは様々なパーツ類からモニター/マウス/キーボードなどを、まとめて注文することが出来きPCを一式揃えるのに迷うことなく注文することは出来ます。

是非ゲーミングPCを検討している方はG-Tuneの公式サイトiconを訪れてみると予算にあったゲーミングPCが見つかるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする