特定のwebサイトが見れない/正しく表示されない/DNSキャッシュをクリアーする方法

特定のWEBページが見れなかったり、違うWEBサイトが表示されてしまったりすることはありませんか?

よく、WEBページが見れない場合や不具合が起こる場合などキャッシュをクリアーして下さいと多くのサポートセンターの対応を見ると思います。

それらはブラウザのキュッシュのことです。

今回ご紹介するのはWindowsのDNSキャッシュのクリアー方法です。

WindowsのDNSキャッシュとは

URLへアクセスしDNSサーバーが該当するドメインのIPアドレスが返答として返ってきます、
そのIPアドレスを使用してWEBサーバーにアクセスした結果が、皆さんのみるWEBサイトになります。

つまりURLは人間の見た目で分かりやすくなっているもので、実際サーバーとのやり取りはIPアドレスを元に行っています。

過去にアクセスしたDNSサーバーから受け取ったIPアドレスをWindows内にキャッシュとして残しているのがDNSキャッシュになります。

このWindows内に保存されているDNSキャッシュに間違えたIPアドレスが保存されてしまった場合、目的としたWEBサイトの閲覧が出来なくなります。

操作はWindows10でPowerShellを使用します。

スポンサーリンク

DNSキャッシュ確認とクリアー方法

DNSキャッシュ一覧

コマンドプロンプトまたはPowerShellを起動します。

起動方法は左下にあるWindowsボタンを右クリックし、コマンドプロンプトかPowerShellどちらかを起動します。

  1. コマンドを入力し、現在保存されているキャッシュ一覧を確認します。
    ipconfig /displaydns』

    保存されているDNSキャッシュの一覧が表示されます。

    レコード名・・・・・・・・URL
    A(ホスト)レコード・・・IPアドレス

DNSキャッシュクリアー方法

  1. コマンドを入力し実行します。
    ipconfig /flushdns』

  2. キャッシュがクリアーされると以下のメッセージが表示されます。
    Windows IP 構成DNS リゾルバーキャッシュは正常にフラッシュされました。
  3. 再度クリアーされたか確認するには、ipconfig /displaydns』を実行します。

    残っている場合には再度ipconfig /flushdns』を実行します。

以上でDNS情報のクリアーは完了です。

まとめ

WEBサイトの表示がうまく行かない時などに、まずブラウザのキャッシュをクリアーします。それでもダメならDNSキャッシュをクリアーしてみるのも手の一つです。

DNSキャッシュをクリアー方法はコマンドプロンプトまたはPowerShellでipconfig /flushdns』の実行です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする