パソコントラブル情報をピックアップ

アナタの役に立つ!?色々なパソコントラブル対処方法・カスタマイズ・便利情報などを紹介

毎月恒例のWindows Update 全部で4件

      2017/01/12

毎月恒例のWindows Updateの日です。

今月は「緊急1件」「重要3件」の全部で4件になります。

2017 年 1 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms17-jan.aspx

 

スポンサーリンク

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-001 – 重要

Microsoft Edge 用のセキュリティ更新プログラム (3214288)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Edge の脆弱性を解決します。この脆弱性が悪用された場合、ユーザーが Microsoft Edge を使用して特別に細工された Web ページを表示すると、特権の昇格が起こる可能性があります。攻撃者はこの脆弱性を悪用して影響を受けるバージョンの Microsoft Edge で特権を昇格する可能性があります。
このセキュリティ更新プログラムは、Windows 10 および Windows Server 2016 の Microsoft Edge について、深刻度が「重要」と評価されています。詳細については、「影響を受けるソフトウェア」のセクションを参照してください。
この更新プログラムは、データの URL を含むトップ レベル ウィンドウに一意の配信元を割り当てることにより、この脆弱性を解決します。
この脆弱性の詳細については、「脆弱性の情報」を参照してください。この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 3214288 を参照してください。
https://technet.microsoft.com/library/security/MS17-001

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-002 – 重要

Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3214291)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された Microsoft Office ファイルを開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。システムに対するユーザー権限が低く設定されているアカウントを使用しているユーザーは、管理者ユーザー権限で実行しているユーザーよりも影響が少なくなると考えられます。
このセキュリティ更新プログラムは、影響を受けるバージョンの Office と Office コンポーネントがメモリ内のオブジェクトを処理する方法を修正することにより、この脆弱性を解決します。
この脆弱性の詳細については、「脆弱性の情報」を参照してください。
この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 3214291 を参照してください。
https://technet.microsoft.com/library/security/ms17-002

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-003 – 緊急

Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (3214628)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、すべてのサポートされているエディションの Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1、Windows 10、および Windows Server 2016 にインストールすることで Adobe Flash Player の脆弱性を解決します。
このセキュリティ更新プログラムは、深刻度が「緊急」と評価されています。この更新プログラムは Internet Explorer 10、Internet Explorer 11、および Microsoft Edge に含まれる、影響を受ける Adobe Flash ライブラリを更新することにより、Adobe Flash Player の脆弱性を解決します。詳細については、「影響を受けるソフトウェア」のセクションを参照してください。
この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 3214628 を参照してください。
https://technet.microsoft.com/library/security/ms17-003

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-004 – 重要

ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス用のセキュリティ更新プログラム (3216771)

概要
ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS) が認証要求を処理する方法に、サービス拒否の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功した場合、標的のシステムの LSASS でサービス拒否が起こり、システムの自動的な再起動をトリガーする可能性があります。
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2 (および Server Core) について深刻度が「重要」と評価されています。詳細については、「影響を受けるソフトウェアと脅威の深刻度」のセクションを参照してください。
このセキュリティ更新プログラムは、LSASS が特別に細工された認証要求を処理する方法を変更することにより、この脆弱性を解決します。
この脆弱性性の詳細については、「脆弱性の情報」を参照してください。この更新プログラムの詳細については、「マイクロソフト サポート技術情報 3216771」を参照してください。
https://technet.microsoft.com/library/security/ms17-004

 - ソフトウェア

スポンサーリンク

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

Windows10でスタートメニューやコルタナが開けない場合の対処方法

Windows10でスタートメニュー(スタートボタン)とコルタナなどが開けなくな …

ディスプレイに合わせてWebページを拡大/縮小する方法

高解像度・高画素密度のディスプレイが増えている中 こうしたディスプレイでは、いわ …

NVIDIAがクラウド上でGTX1080、GTX1060のGPU性能を3月から米国でレンタル開始

NVIDIAがオンライン上でグラフィックボードのGPU性能をレンタルすることを発 …

日本マイクロソフト、Windows 10互換性情報と早わかり簡単ガイドを公開

日本マイクロソフトは7月28日、Windows 10無償アップグレードに関する情 …

無料Android用データ復元ソフトEaseUS MobiSaver for Android Free

iphone用に続きAndroidスマホ、タブレット、SDカードなどから消えてし …

PCにアカウント追加方法/Windows10

家庭や職場などに設置されているパソコンの台数が少ない場合など、パソコンにローカル …

パソコンの動作が重く感じたら「CCleaner」を使ってみよう!

新品ので購入したパソコンのパフォーマンスを100%としたら、使うたびにいろいろな …

簡単にモニターのガンマの設定を上げられるフリーソフト

ガンマを調整することで、暗い映像を観や観やすく、明るく出来ますが、通常はモニター …

画像のトリミング、リサイズ、分割が出来るImageSplitter

ImageSplitterは画像を簡単な操作でリサイズ、切り取り、分割が出来るオ …

Windows10アカウントに管理者権限を与える方法

Windowsでは複数のアカウントを作成でき、それぞれどこまで権限を与えるか設定 …