パソコントラブル情報をピックアップ

アナタの役に立つ!?色々なパソコントラブル対処方法・カスタマイズ・便利情報などを紹介

毎月恒例のWindows Update 全部で4件

      2017/01/12

毎月恒例のWindows Updateの日です。

今月は「緊急1件」「重要3件」の全部で4件になります。

2017 年 1 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms17-jan.aspx

 

スポンサーリンク

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-001 – 重要

Microsoft Edge 用のセキュリティ更新プログラム (3214288)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Edge の脆弱性を解決します。この脆弱性が悪用された場合、ユーザーが Microsoft Edge を使用して特別に細工された Web ページを表示すると、特権の昇格が起こる可能性があります。攻撃者はこの脆弱性を悪用して影響を受けるバージョンの Microsoft Edge で特権を昇格する可能性があります。
このセキュリティ更新プログラムは、Windows 10 および Windows Server 2016 の Microsoft Edge について、深刻度が「重要」と評価されています。詳細については、「影響を受けるソフトウェア」のセクションを参照してください。
この更新プログラムは、データの URL を含むトップ レベル ウィンドウに一意の配信元を割り当てることにより、この脆弱性を解決します。
この脆弱性の詳細については、「脆弱性の情報」を参照してください。この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 3214288 を参照してください。
https://technet.microsoft.com/library/security/MS17-001

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-002 – 重要

Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3214291)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された Microsoft Office ファイルを開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。システムに対するユーザー権限が低く設定されているアカウントを使用しているユーザーは、管理者ユーザー権限で実行しているユーザーよりも影響が少なくなると考えられます。
このセキュリティ更新プログラムは、影響を受けるバージョンの Office と Office コンポーネントがメモリ内のオブジェクトを処理する方法を修正することにより、この脆弱性を解決します。
この脆弱性の詳細については、「脆弱性の情報」を参照してください。
この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 3214291 を参照してください。
https://technet.microsoft.com/library/security/ms17-002

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-003 – 緊急

Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (3214628)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、すべてのサポートされているエディションの Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1、Windows 10、および Windows Server 2016 にインストールすることで Adobe Flash Player の脆弱性を解決します。
このセキュリティ更新プログラムは、深刻度が「緊急」と評価されています。この更新プログラムは Internet Explorer 10、Internet Explorer 11、および Microsoft Edge に含まれる、影響を受ける Adobe Flash ライブラリを更新することにより、Adobe Flash Player の脆弱性を解決します。詳細については、「影響を受けるソフトウェア」のセクションを参照してください。
この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 3214628 を参照してください。
https://technet.microsoft.com/library/security/ms17-003

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-004 – 重要

ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス用のセキュリティ更新プログラム (3216771)

概要
ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS) が認証要求を処理する方法に、サービス拒否の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功した場合、標的のシステムの LSASS でサービス拒否が起こり、システムの自動的な再起動をトリガーする可能性があります。
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2 (および Server Core) について深刻度が「重要」と評価されています。詳細については、「影響を受けるソフトウェアと脅威の深刻度」のセクションを参照してください。
このセキュリティ更新プログラムは、LSASS が特別に細工された認証要求を処理する方法を変更することにより、この脆弱性を解決します。
この脆弱性性の詳細については、「脆弱性の情報」を参照してください。この更新プログラムの詳細については、「マイクロソフト サポート技術情報 3216771」を参照してください。
https://technet.microsoft.com/library/security/ms17-004

 - ソフトウェア

スポンサーリンク

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ゲーム起動が早くなる?Game Booster 3の使い方/ダウンロードとインストール

IObitが提供するGame Booster 3これは不要なバックグラウンドソフ …

デスクトップのアイコンが消えた場合

デスクトップ上にアプリのショートカットや直接保存しているファイルなど多くの方が設 …

パソコンの重いをワンクリクで解消!?Advanced SystemCare

日々パソコンを使用しているをゴミと言われる不要なファイルやレジストリが蓄積されて …

2015年6月MS WindowsUpdate情報(毎月恒例)

毎月恒例のマイクロソフト(以下MS)のUpdate情報です。 今回は、緊急2件・ …

RazerのゲームブーストとGame Booster 3の検証

以前の記事でご紹介さいた『IObitのGame Booster 3』と『Raze …

データ復元のData Recovery Wizard最新バージョン11.0の新機能と改善点+使い方

操作ミスや不意に失われたデータが復元できるEaseUSのData Recover …

心をくすぐる光るキーボード

LEDでキーボードが恰好良く光る! そんなキーボードの写真などを見た方も多いと思 …

ブラウザで消えない迷惑広告やワンクリ詐欺ページが出た場合

WEBページを閲覧しているときにリンクをクリックした際に目的とは違うページが表示 …

ディスプレイに合わせてWebページを拡大/縮小する方法

高解像度・高画素密度のディスプレイが増えている中 こうしたディスプレイでは、いわ …

スマートフォンやタブレッド/Androidデバイスのデータ復元できるEaseUS MobiSaver for Androidの使い方

Androidデバイスのスマートフォンやタブレット、外付けSDカードのデータ復元 …