フォトアプリで画像を開けない/リモートプロシージャコールに失敗しする場合/Win10

画像を開く際にWindows10ではデフォルトでフォトアプリで開くようになっています。

だが、急に『リモートプロシージャコールに失敗しました』とウィンドウが出て画像が開けなくなる場合があります。
リモートプロシージャコールに失敗する場合の対処方法をご紹介。

スポンサーリンク

リモートプロシージャコールに失敗する場合の対処方法

Windows paworshellを管理者権限で起動

1:検索ボックスから「Windows PowerShell」キーワード入力で起動する方法。
タスクバーにある検索ボックス/コルタナボタンクリックしボックス内に「Windows PowerShell」と入力します。
検索結果のデスクトップアプリのWindows PowerShellを『右クリックし管理者として起動します。』
power01

2:タスクマネージャーから「新しいタスク」で起動する方法。
「Ctrl」+「Shift」+「ESC」でタスクマネージャーを起動し、「ファイル」→「新しいタスク実行」をクリックする。
pa01

・ボックス内に「powershell」と入力し、「管理者権限で作成にチェックを入れ」「OK」をクリックする。
pa02

フォトアプリを再インストールする

●:PowerShell上で、フォトアプリのアンインストールを行います。
アンインストールコマンドをコピー&ペーストで貼り付けエンターキーを押します。
『Get-AppxPackage *photos* | Remove-AppxPackage』
pho01

●:ストアを起動し「Microsoftフォト」アプリを再インストールする。
ストア検索ボックスに『Microsoftフォト』を入力しインストールするボタンをクリックし再インストールします。
pho03
再起動をしてフォトアプリで画像が開くかをチェックします。
以上でで操作は完了です。

まとめ

フォトアプリの『リモートプロシージャコールに失敗しました』はフォトアプリの再インストールすることで直る。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする