毎月恒例の16年1月Windowsセキュリティ情報

2016年1月 Microsoft セキュリティ情報 (緊急 6件含)

スポンサーリンク

緊急6件

1)MS16-001(要再起動)
Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3124903)
影響を受けるソフトウエア:Microsoft Windows、Internet Explorer

2)MS16-002(要再起動)
Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3124904)
影響を受けるソフトウエア:Microsoft Windows、Microsoft Edge

3)MS16-003(再起動が必要な場合あり)
リモートでのコード実行に対処する JScript および VBScript 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3125540)
影響を受けるソフトウエア:Microsoft Windows

4)MS16-004(再起動が必要な場合あり)
リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム(3124585)
影響を受けるソフトウエア:Microsoft Office、Visual Basic

5)MS16-005(要再起動)
リモートでのコード実行に対処する Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム(3124584)
影響を受けるソフトウエア:Microsoft Windows

6)MS16-006(再起動不要)
リモートでのコード実行に対処する Silverlight 用のセキュリティ更新プログラム (3126036)
影響を受けるソフトウエア:Microsoft Silverlight

※ いずれも脆弱性を悪用された場合、リポートでコードが実行される恐れがある。

重要3件

1)MS16-007(要再起動)
リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows 用のセキュリティ更新プログラム(3124901)
影響を受けるソフトウエア:Microsoft Windows
※ 脆弱性を悪用された場合、リポートでコードが実行される恐れがある。

2)MS16-008(要再起動)
特権の昇格に対処する Windows カーネル用のセキュリティ更新プログラム(3124605)
影響を受けるソフトウエア:Microsoft Windows
※ 脆弱性を悪用された場合、特権の昇格の恐れがある。

3)MS16-010(再起動が必要な場合あり)
なりすましに対処する Microsoft Exchange Server 用のセキュリティ更新プログラム(3124557)
影響を受けるソフトウエア:Microsoft Exchange Server
※ 脆弱性を悪用された場合、なりすましの恐れがある。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする