Windows10に搭載されている機能でPDFを作成する方法

Windows10では、標準搭載されている、PDF作成機能があるのはごぞんじでしょうか?

今まではフリーソフトなどを入れ、PDF化したりしていたが、

Windows10から印刷でPDF作成ができるようになっています。

簡単でPDF作成が出来る「Microsoft Print to PDF」の紹介です。

スポンサーリンク

操作は簡単印刷機を選ぶだけ

1:PDFにしたいWebページなどを開きます

2:右上の『・・・』をクリックし、印刷を選択します。
pdf03

3:使用するプリンターを「Microsoft Print to PDF」を選択する。

4:印刷するページ数などを確認を『印刷』をクリックする。

5:保存先と名前を決め『保存ボタン』をクリックする。

6:PDFが作成されたか確認をする。

pdf05

以上で、操作は完了です。

WEBサイトによってはレイアウトが崩れる場合もあります。

自分用で使用するには問題はないが、他人に見せる為であれば、レイアウトが崩れていると

印象が悪いかもしれません。

その場合は別のPDF化できるソフトを導入するか、WEBページを一旦スクリーンショットを撮り

画像として保存後に印刷でPDF化する方法などもあります。

まとめ

印刷機能を使い「Microsoft Print to PDF」で印刷するとPDF作成することが出来る!

どうしてもレイアウトが崩れるのが気になる場合は

・pdf作成できるフリーソフト導入する。

・pdf作成できる拡張機能(プラグイン)を導入する。

・全体を『Print Screen』で画像として保存後に印刷でpdf作成する。

・実績と安定のあるソフトを購入する。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする