Windows10にしたら消える7つの機能が判明

Win10.1

来月7/29にいよいよリリースされるWindows10ですが、Windows10にすると消える7つの機能が判明したようです。

スポンサーリンク

Windows10にしたら消える7つの機能が判明

マイクロソフトはWindows10へアップグレードするとサポート対象外になる7つの機能を公開してきました。
重大な問題にはなりそうでもないですが、チェックしておきましょう。

Windows Media Centerが削除される

Windows Media Centerを利用しテレビの視聴や録画を楽しんでいた人はWindows10からサポート対象外になります。

DVD再生には専用ソフトウェアが必要になる

これまで特に考えずDVDソフトをドライブにセットするとWindows Media Playerが立ち上がってDVDを再生していた人は注意が必要。
Windows10にはDVD再生用コーデックが搭載されていませんので、これからもパソコンを利用しDVDを鑑賞したい人は自分で再生ソフトをインストールするなどし対応しないとなりません。これはWindows8から変更になっている。

Windows 7のデスクトップガジェットは削除される

Windows7の方でカンジェットを自分好みにカスタマイズをし使ってるいる人は注意。
Windows10からは全て消えてしまいます。使い続けたいと考える方は直ぐにWindows10へのアップグレードを見送った方がいいかもしれません。

Windows Updateの調整ができなくなる

Windows10 Homeへアップグレードを考えている方は注意、上位バージョンであるWindows 10 ProやWindows 10 Enterpriseなどには、Windows Updateの種類やタイミングをユーザーが自由に調整できる「Windows Update for Business」なる機能が用意されています。
ですが、Windows10 Homeには、このWindows Updateの自由なカスタマイズ機能が提供されていないのです。

Windows 7にプリインストールされていたゲームは削除される

ソリティア、マインスイーパー、ハーツなどを楽しんでいる方は残念なお知らせになるかもしれないがWindows10では削除され、よりモダンになった「Microsoft Solitaire Collection」と「Microsoft Minesweeper」に置き換えられます。

USBフロッピードライブがデフォルトではサポートされない

おそらくUSBメモリが普及している中、プロッピーディスクを使用しているユーザーは居ないでしょ?っとマイクロソフトは判断したんだと思います。仮に現在も利用されている方はメーカーからWindows10向けに用意されたドライバーに期待するしかありませんね。

Windows Live EssentialsのOneDriveは削除される

「Microsoft OneDrive」アプリケーションソフトは、Windows 10にデフォルトで用意される『OneDrive』へと置き換わってしまうことになりますよ。

まとめ

これを改善とみるか改悪とみるかはアナタ次第ですが、ある程度パソコンに詳しい方なら、特に心配は無いでしょう。
僕はちょっとだけUpdateの調整が出来なくなる点だけ気になるくらいで、後はふ~んってくらいに思ってます。

Microsoft(英文)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    XP形式のアップスケーリング機能が廃止されているので、画面の拡大設定を行うと文字やアイコンが汚くなります。