弁当箱のようなPCがAcerから登場

Revo01

Acerから機能を追加可能なブロック型PC「Acer Revo Build Series」が発表されました。

スポンサーリンク

Mac miniのような小型び弁当箱の筐体

Revo_Build_06.0
筐体にブロックのような構造を持たせることにより、必要に応じてチャージングステーションやプロジェクターなどの機能を追加していくことを可能にした新型のWindows 10対応のPC「Acer Revo Build Series(M1-601)」を発表した。
通常の使用においてはこのベースモジュールだけがあれば事足りるようになっている。

モジュールを追加することによりカスタマイズ可能

Revo_Build_03.0
このベースモジュールの上にはめることができるオプションのブロックが複数用意されており、オプションのブロックを追加していくことで機能を自由に追加していくことができるようになっている。

拡張用ブロックは今後種類も充実されていく

Revo_Build_02.0
Acerでは、ワイヤレスチャージングブロック、スピーカーブロック、プロジェクターブロックなどを用意しており、拡張用のブロックについては、今後も種類を拡充していくとしている。

Acer Revo Build Hands-on from IFA 2015

動画を観て頂くと分かりやすい、モジュールを追加の際は重ねていくだけ!

(引用)THE VERGE:http://www.theverge.com/2015/9/2/9242553/acer-windows-10-pcs-notebooks-modular-computer
Acer      : http://us.acer.com/ac/en/US/press/2015/163825

スポンサーリンク

シェアする

フォローする